FC2ブログ

人間作業モデル

ここでは、「人間作業モデル」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

金曜日はビールを二本くらい飲むことにしてるのだけれど、飲んだ後に皿洗い、今日は更に洗濯物干しまでしたため、すっかりさめてしまいます。金曜日深夜、今はお土産でもらった泡盛が3本もあるので消費するため飲んでます。43度、全然減らないのに強い。いやはや。

なんとなく、月間でも、二か月に一回でもないのですが、酒を飲んで他の作業ができないときには書くことにします笑。



 明日は作業行動学会です。じゃあ寝ろよっていう話ですが笑。午後から参加なのでまあいいかと…。
 前々回?神奈川でやった時は、一日目終わったら、横浜の友達と飲んで、一泊3000円、3畳の独房の独房のようなホテルに泊まり、お菓子のごみを置いたままにしていたら朝ゴキブリがが2匹いたという懐かしい思い出があります。



 作業行動はマリーライリーが提唱した、理論…というよりは、概念のようなイメージがあります。

 有能でありたい、仕事と遊びの連続性や、作業役割、健康と人間の適応能力との関係、このあたりがマリーライリーが作業行動理論の中核に据えていた概念なようです。

 わかりにくく、実践に活かしにくいということで、作業行動理論と、実践の橋渡しになるような理論を作るようにキールホフナーに指導した、というのが、人間作業モデルの成り立ちだったと思います。

 しかし、ライリーのホフナーへの指導が厳しく、ホフナーはかなり追い込まれており、その後のホフナーとライリーの仲を悪くしてしまった、更には、ホフナーと南カルフォルニア大学との関係性すら悪くしてしまった。その軋轢は、人間作業モデルと、南カルフォルニア大学で始まった作業科学の関係性も悪くしてしまい、ホフナーは作業療法は応用学問なのになんで作業の基礎学問を作るのかと批判するといった形になったと…私は解釈しているのですがどうなんでしょう?

 このあたりは「作業療法実践のための6つの理論」に載っていたような気がします。

 日本にもその流れのようなものが持ち込まれた…というのは私の思い込みかもしれないですが、時折、そんな文章が載ってますね…。

 ただ、どんな歴史があるのか知るのは楽しいですね、この流れとかなんか週刊誌みたいですし笑。



 






 私が一番最初に出会った作業療法の理論に基づいた実践はCOPM・AMPSスターティングガイドだったと思います。結局のところOTIPMに近いものだったのだと今では思います。その中で、人間作業モデルの記載を見つけたこと、また、人間作業モデルは作業療法理論の中でも講習会が多かったのでなんとなく参加したりしていました。

 いわゆる作業系を勉強し始めたのは、立った、三年とちょっと前くらいな気がします。基本的に病院時代は体力、精神的に辛すぎて、何にも勉強しなかったので…。

 時折、人間作業モデル好きだよねーみたいなことを言われるのですが、特にそんなことはなく最近は離れがちな様な気がします。なんだろ。ていうかなんも考えてないだけかもなぁ…ダメですね。
 
 でも、勉強してる時間にしてみたら、AMPSとかESIとかOTIPMとかのほうが圧倒的に長いですしね、講習会の長さとか、10人評価するとかやってるんで自然と長くなっちゃいますしね。

 ただ、扱う作業を見出すのが難しい、困難という場合は結構使いにくいモデルだと思っています。日本人の奥ゆかしい性格、文化であったり、混乱している状態、やりたいことが見いだせない状態に対して使うことが難しいと考えています。




 そうした時には人間作業モデルや、最近では作業の連続性を大切にすると良いのかなぁなんてことを時折思っています。

 人間作業モデルは作業の動機づけに対する理論…だったと思う。酔ってきたのでよくわからない笑。作業がどのように動機づけられていて、作業適応状態に近づくためにはどの要素を取り扱使ったらよいのかという疑問をより明確にしていく、ということかなと思ってるんですが…どうなんでしょうか。下手なこと言えないですね。

 情報量が多い、還元主義だという批判もありますが、私みたいに人の気持ちがよくわからない、思考に偏りがあって適切に作業の状態をとらえられない人が使うには枠組みがしっかりしている方が使いやすいときもあるように思います。(ひどい言いよう)

 当てはめてしまう、のは危ないかもしれないですが、何もないとこから実践を作り出すのは無理ですしね…。


 


 訪問に出てから何に悩んでいることが多いのだろうと、考えたときに、動機づけというところなのかな、と時折思います。

 何をする気も起きない、できない、やりたくない、動きたくない。

 そうした時にクライエントに「やりたいことありますか」更には「お困りごとはありますか」と伺っても、そもそも、何困ってるかわからないという状態のときもあると思います。

 そういう時に人間作業モデルのカテゴリーに沿って色々聴取をして、今の作業機能状態を解釈していくというのは、私的には一番人間作業モデルをあてにしている。部分でもあります。





 作業療法の理論は何の役に立つのか。

 MOHOじゃ細かく評価できない。使えない。

 

 まあ、様々な意見を聞きますし、言われることもありますけど、結局作業療法の理論を通さないと、作業に基づいたリーズニングは難しい、というだけかなと思います。役に立つのか立たないのかは結局わからないですね。

 色々こだわらずやろうかとは思いますが、明日はひとまず久しぶりにMOHOにどっぷりつかりたいと思います。

 泡盛やばいです。

 では、また。

人間作業モデルで読み解く作業療法


スポンサーサイト
 嫁と喧嘩しました。ちょっと気持ちが落ち着きませんが(笑)、今日は人間作業モデルの意志について書いていこうかと思います。

 前回、前々回はこちら。「 「人間作業モデル」~MOHOって何者?!~ 」「 「人間作業モデル」~私なりに解釈した全体像~ 

 MOHOの中でも一番重要視される構成要素です。MOHOは意志を大事にするからCL中心なんて話をいつか聞いたような気がするのですが…はて、記憶が…笑。物忘れが多いですね。


☆意志を構成する要素☆

意志は

①個人的原因帰属
②価値
③興味

からなります。

人間作業モデル 意志の構成要素


価値はなんとなくわかりますが、なんだかよくわからないのが個人的原因帰属ですね。



☆個人的原因帰属とは?☆


 個人的原因帰属とは簡単に言うと、「自分の有能感や、有効感」と原著のキーになる用語に書いてあります。

 しかし、原著の他の部分には、
 
  ・自分が何を行うことができるか?
  ・自分の行動がどのような種類の効果を生み出せるか?

 といったようなことが書かれています。

 これに関しては原因帰属を理解するのが近道のようです。原因帰属とは行動の結果の原因をどこに求めるかということです。

原因帰属理論

 つまり個人的原因帰属というのは、私の行動(個人的原因)に対して、結果がどうなるか、といったようなことです。

 で、私が起こした行動が、良い結果であれば、有能感や有効感が上がり、悪い結果であれば下がる、といった具合です。


☆価値、興味☆


 この二つはそんなにややこしくないかなといったような感じです笑。

 価値:人が行うことに重要性と有意義性を見出すこと
 興味:人が行うことに楽しみと満足を見出すこと

 生活行為向上マネジメントの興味・関心チェックリストは意志を大事にした評価、ということになるでしょうか?



☆意志のサイクル☆


 自分が行うことを予想し、選択し、経験し、解釈するというサイクルを繰り返すことによって、価値や、個人的原因帰属、興味などの意志を維持したり、作り直します。

 意志のサイクル

自分が起こした行動に対して、失敗した、とか、成功した、とか、運のせいだ、いや、自分のせいだ、とか解釈していくことで、意志は変わっていきます。







 色々資料を見直したりして、勉強になりました。では、また!




人間作業モデル 理論と応用



事例でわかる 人間作業モデル



 今日は久しぶりにちょっと人間作業モデルはシリーズ化を目指します笑。前回は文章がひどかったですが、今は、量を書いて練習したいので、時間があるときに直すしましょう…。

 前回はこちら。「 「人間作業モデル」~MOHOって何者?!~ 


 

 今回はMOHOの概要と、システムを臨床で気楽に考えるにはどうしたらいいか私なりにまとめてみます。

 いまだに私も良くわからない「ダイナミックに創発」みたいな、MOHOの謎の用語(笑)を私なりにまとめてみます。




☆システムって何?☆

 MOHOはシステム理論を採用しています。システムとは「多くの物事や一連の働きを秩序立てた全体的なまとまり。体系。もっと狭くは、組織や制度。」とのこと。ちょっと難しい。なんのこっちゃ。

ちょっと以前書いたICFのちゃんとした使い方を思い出してみます。(こちら「リハビリ職の皆さん、シフトチェンジした?できた?ICIDHからICF 」)




ICF MOHO





 個人因子や、環境因子、心身機能、活動、参加が相互に関係しあって健康状態をとらえるというような考え方でした。


 MOHOも同じような感じですMOHOの持つ要素が各々に影響し合って、CLの作業適応状態がどのようになっているのかということをとらえるような形にすると、わかりやすいんじゃないかと思います。

 つまりこんな感じ?

MOHO 全体像



 なんか神々しくなってしまった…笑。

 意志と習慣化と遂行能力と環境が相互に関係して、作業適応状態を左右する。ということでしょうか。だいぶざっくりですが。

 乱暴な言い方をすると、個人因子にかなりの比重を置いたICFという感じでしょうか。

 こんな説明じゃね、全然使いたくならないですね。でも、すごく良いところがあるんです。


☆MOHOのおすすめしたいところ☆


 それは、先ほど説明した、MOHOの要素「意志と習慣化と遂行能力と環境」に対して評価法があるところでしょうか!この評価法を使うことによって、私はかなり、新しい視点を手に入れることができたと思っています。

 特に作業に対する意志や、社会交流技能や、環境、こんなことまで評価できるのかと驚きました。

 枠組みにとらわれるのは良くないですが、枠組みを知っておくことはとても有益なことだと思います。





 次回は、要素について、少し細かく書いていければと思います。ではまた!




人間作業モデル 理論と応用



事例でわかる 人間作業モデル



 週明けから、飲んでしまいました。酒OTです。名前の通り…。月末処理もあるのに、早々に退社、早々に呑み始める屑っぷりを発揮しました。まあ、幸せです。

 今日はたまにはお酒のことでも書こうかと思ったのですが、対していい酒を飲んだことがない私には、敷居が高いです…いいちこにセブンのウーロン茶をぶち込めば十分幸せなんですもの…。今日はたこ焼きビール、ハイボール。幸せでした。

 まあ、そんなことはどうでもいいのですが、今日はMOHO(人間作業モデル)ついて、寝る前にちょっとだけ書こうかと思います。私もなんでMOHOについて学ぼうと思ったのか…きっかけを忘れてしまいましたが、作業療法が何か悩んだ頃に出会ったような気がします。まだ、MOHOという名前だけしか知らなかったのに、病院の先輩には「自分は人間作業モデルをやりたいです!」とか調子のって話してました。目立ちたがりだったので人と違うことをやりたかったのでしょう。

 人間作業モデルは…

・作業に焦点を当てた実践を支援
・CLのニーズに優先順位をつけるよう援助
・CL中心のアプローチを提供
・治療目的を作り出す協力な基礎を提供
・介入の正当性を提供
 
 してくれるモデルだそうです。



ちなみに、、人間作業モデルでの作業は

・遊び  ・仕事  ・日常生活活動

 になります。

 私は一番初めに出会った作業に基づいた介入のモデル(?)はCMOPでした。CMOPにはどちらかといえばOTマインドを教えてもらい、MOHOには、具体的な介入・作業の評価を教えてもらったような気がします。
 



☆MOHOって何者?!生い立ちは?!☆



 MOHOは作業行動理論の実践モデルとして、誕生しました。1980年にAJOTに載ったのが最初のようです。キールホフナーはライリーの秘蔵子(?)だったようですね。ちなみに作業行動理論は私もよくわかりません(爆)非常に大雑把ですが、大きくまとめるとこんなところに焦点を当ててたようです。


作業行動


ちなみにこの図に書いてある「人間は自己の精神と意志に活気づけられた両手の使用を通して自らの精神状態に影響を及ぼすことができる」はライリーが公園で話した言葉ですが、この仮説は非常に有名な仮説ですね。上肢を治せとかそういう話ではなくて、個々人は手を使って、想像的に自分の居心地を良くできる、自分の生活を良くできるかということみたいですね。このような理論を背景に、実践するためにMOHOは作られたようです(?)



 
☆結局MOHOを勉強したからってなんになるの?☆



 まずはMOHOが何に焦点を当てているのかが分からなければいけないですかね。

・作業がどのように動機づけられ、日常生活のパターンへと組み立てられ、環境のなかでどのように遂行されるか。
・作業場の問題を作り出す要因に直面した時に何が起こるか。
・作業療法は、意味と満足とをもたらし、そして、身体的・感情的に良好な状態を支援する作業に人々をどう就かせるか。
 
 むむ、難しいですね…。

 ちなみに、CMOPが「作業の可能化」で、MOHOは「作業への動機づけ」だと聞いたことがあります。

で、何になるかといえば…何にもなりません(爆)。手技のように、即時に問題を解決できたりしないですし、なんか対して大きくは変わらない…非常に地味です。

 しかし、作業機能障害を解決するにはとても大きな力を発揮すると思っています。



☆作業機能障害、作業適応障害☆



 MOHOがどんな問題を解決する視点を与えてくれるか。「作業機能障害、作業適応障害」を解決する視点を与えてくれます。逆に言えば、身体機能の障害があったりしたりしても作業に問題がない人に使ってもしょうがないということですね。まあ、この辛い社会に、作業的に問題がない方はあまりいないような気がしますが…。



作業機能障害




 これらの問題を解決するための視点を提供してくれます。私は、作業療法にこんな視点があったのかと驚いたことを覚えています。
 現在は作業機能障害という言葉は海外では使われていないようですが、作業行動学会の研修では作業機能障害という言い方をしています。本では作業適応障害となっています。



 さて、今日はこの辺で…。結局何も説明していない…。ちょっとした紹介だけでこれだけ時間を取るとは…。ていうか書く速度が遅いだけか…。ブログは、知識の整理と、文章を書く練習を兼ねている少し気合いを入れてやらないとだめですね…。酒飲んだ後に書いてる場合じゃない。
 なお、知識の整理も兼ねているので間違えてる場所などは、コメントで突っ込んでくださるとありがたいです。
 




人間作業モデル 理論と応用



事例でわかる 人間作業モデル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。