訪問リハビリ・地域

ここでは、「訪問リハビリ・地域」 に関する記事を紹介しています。


 ちょっとACQ-OPの記事をまとめようかと思ったんですが、時間がかかりそうなので、ちょっと寝かせておきます笑。





 まとまらないものを、徒然。日々思ったことをたまには、日記のような感じで書いていこうかと思います。私のツイートと一緒にどうぞ笑。







 自立した生活の解釈がセラピストよってまちまちなんだろうなぁ。そこが違うと結局リハビリ自体も他職種から変に捉えられてしまうような気がします。

  リハビリはできないをできるにする役割はあると思うんですが、今は一人でできないを一人でできるようにって考える人が多いんじゃなかろうか…。(参考、当社笑。)

 「介護保険法は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。」

 



 リハビリを介護保険下でどうとらえていいかわからなくなりつつあります。長期利用は悪みたいな感じになってますが、なんとなくずっと訪問リハビリさんに来てもらえれば安心、もなんとなくわかりますし、デイケアに行っててもらえば安心もなんとなく家族目線だとわかる気もしてきているからです。

 だってやることないし、介護保険はあんまり使わないでほしいけど、なんか「参加」してねなんて無理よね。

 こないだなんか、「一人で外出できるようになりたい」って希望を持ってたCLに対して、「無理でしょ」って先輩PTがバッサリ切り捨ててちょっとビビりました。まあ一人では無理にしても色々その希望から考えようよ。セラピストですら、こんな考えなのに、長期利用がどうのこうの、当事者以外が騒いで、なんかバカみたいって思ってしまった。

 所詮、長期利用が出来なくなったりした時に、困るのは介護保険を使って何とか生活できている、頑張ってる人たちだよなぁ。

 







 無理やり参加を促して、介護保険費削減なんて無理だよなぁ…。そもそも日本人の文化性に合わないのではとすら思い始めています。だって、自分だったら活動と参加とか言われても、今まで通り寝ていたい笑。





 介護保険下のリハビリなんか所詮食い物にされてるよなーとか色々考えちゃいます。なんかたまに会社での話がバカバカしく感じることがあります。














 私的には介護保険の中でリハビリをどう捉えていいか、正直わからなくなります。国の方向性としては長期利用は避けて、他のサービス、もしくは地域の資源につなげるということでしょうが…。 課題指向型のリハビリを好まないCLが多いのも事実だと思います。

 淡々と、リハビリを続けてしまっています。反省もしていますが、どうあがいても、なかなか打破できません。


 とりあえずもう少し頑張ります。


 仲間募集中です笑。






 では、また!グダグダでした笑。





スポンサーサイト
 私もあんまり詳しくは知らなかった「新しい総合事業」。概要を超適当にまとめた前回のブログはこちら↓

 「新しい総合事業とは?~予習編~


「総合事業は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実するこ
とで、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもの。」




 今日は、実際に新しい総合事業に関する地域の会議に出席してきました。リハ職と地域包括支援センターの職員との話し合いや意見などがメインでした。





 どんな話し合いがあったかというと地域のリハ職が…

 ①地域ケア会議への協力ができないか?
   ・介護予防ケアマネジメント(要支援の方)への助言など

 ②住民運営の団体への定期的関与ができないか?
   ・通所B型(いわゆる住民が主体の老人サロンや体操教室など)にアドバイスなど

 ③通所・訪問型サービスC型(短期集中サービス)でリハ職が訪問をしてはどうか?
   ・C型は保険・医療の専門職により提供されるもので短期間(3~6か月目安)

 ということでした。








 ☆①地域ケア会議への協力ができないか?☆
 
 今日出ていたリハ職の人たちは、業務後の時間でもよかったらぜひ、といったような感じでした。行政とかが行う会議は、平日の昼間からやるようなものがあったりとなかなか出席が難しいですね…。

 ケアプランについて、リハ的な助言がほしいとの話がありましたが…

 ・セラピストの質をどう確保するか
 ・そもそも、今の地域で働き始めて短いセラピストはサービスを把握できるか

 などの意見がありました。

 地域ケア会議には、勉強熱心で、地域密着型のセラピストが必要とされそうな予感です。




☆②住民運営の団体への定期的関与ができないか?☆

 この話題が一番ふわっとしていたような気がします。講師として派遣もできるし、アドバイザー的なこともできるんじゃないかという話も出ていましたが、正直に言って、普段のリハとはかなり違った視点を持っていないと、難しそうです。運営能力や、伝達技術などでしょうか?

 病院勤務の方は「病気についての講習などはできそうだけれども…」とのことでした。また、住民がどんな団体を運営しているか未知数なところもあったため、そのあたりの把握も必要になってきそうです。



☆③通所・訪問型サービスC型(短期集中サービス)でリハ職が訪問をしてはどうか?☆

 今日一番白熱した議論はこれでしょうか?

 今までの要支援とは違って、基本チェックリストを使って、総合事業が適用になった利用者に対して行っていく「訪問リハ」「通所リハ」ということになってくるでしょうか?

 ここでは、この事業を使った方もサービスの報酬はどれぐらいほしいかなど結構現実的な話も出ていました。市町村が決めるんです。

 そして、「サービスを卒業できたら加算をつける」「淡々とサービスを使っていたら減算」などという話が結構出ていました。この事業の中で行われる、訪問・通所リハに「成果主義」が盛り込まれるということでしょうか。

 意外なところで訪問・通所リハで期限や、成果主義を意識するきっかけとなりそうです。






 
 この事業がどんな感じで進んでいくかは全くわかりません。行政の方も正直に言ってどうなるかわからないといっていました笑。

 この事業は、国単位ではなく、市町村単位で行われるようです。

 あなたの地域の総合事業にはリハ職は使われる予定はありますでしょうか?平成29年4月より、どこの市町村でも必ずスタートすることになっています。

 今日書いたのは私の地域でのほんの一例にすぎません。そもそも私自身、3つの市町村をかけもちしていますし、今日出席したところ以外の地域がどうなっているか把握できていません。









 この事業がスタートしたら、意外なところで訪問・通所のリハビリで、「期間限定」「成果主義」のリハビリが地域でも求められたり、地域でリハが使われなかったり、そんなことが起こるかもしれません。

 しかし、上手くいくと、老人サロンなどの訪問で報酬がもらえたり、講師をして報酬がもらえたり、いままで以外のところでリハ職が必要とされる可能性もあります。











 あなたの地域はどうでしょう?


 ではまた!








 私が働いている地域リハ会議で、「新しい総合事業」について取り上げてくれるようなので、予習をしていこうと思います。

 正直、地域包括ケアシステム自体あまり理解していないですし、ましてや、「新しい総合事業」なんて何を総合しているのかもわかりません(爆

 


 総合事業というのは「介護予防・日常生活支援総合事業」の略のようです。

 何が「新しい」かというと、今までは総合事業は必ずやらなくてもいいものであったのが平成29年には市町村単位で必ず移行するようにということ、が今までとちがって「新しい」取り組みであるという話を聞いたことがあるんですが間違いないでしょうか?ソースがわかりません…。



「総合事業は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実するこ
とで、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもの。」




 介護保険下でやるんじゃなくて自助・互助で何とか頑張れという風に行っているんですかね?うーん結構つらいところはありますよね。国に頼らず、国民同士、地域で支えあってくださいということですね。




 流れは以下のようです。
 

サービス利用までの流れ 総合事業


対象者は今までの特定高齢者でしょうか? (65歳以上の高齢者で現在は自立して暮らしているが、要支援・要介護になる可能性のある人)基本チェックリストを使って、対象者を決めるというような流れになるようです 。

 下の図は、よくでてくる、自助・互助・共助・公助の図です。

 





自助互助




 私は、共助が今は頑張りすぎている、というのはなんとなく感じています。自助・互助は弱いですよね。


 しかしこの事業で面白いのは、住民だけでなく、民間企業の有料などのサービスも使って、介護保険以外の多様な地域機能を作るということを言っていますので、地域にあった、必要なサービスを作れば、起業のチャンスも今まで以上にあるかも?!なんてこともおもいます。私はセンスないんで無理でしょうが(笑)





 この事業において国は大きな枠組みとして次の図のようなものを考えているようです。


総合事業の構成




大きく分けて「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」とに分けられます。






 「介護予防・生活支援サービス事業」は現行の介護予防訪問・通所介護に相当するものと、それ以外の多様なサービスを想定しています。通所と訪問ともに、A型は、既存のサービスを緩和したもの、B型は有償・無償のボランティアなどの住民事業、C型は保険・医療の専門職により提供されるもので短期間である、ということを定義しています。

 おお…ボランティアまで出てくるんですね。なんかすごいことになってますね(笑)



 「一般介護予防事業」には5種類あります。私たちがかかわりそうな物を記します。介護予防活動の普及啓発をする「介護予防普及啓発事業」。住民主体の介護予防の取り組みを強化する「地域介護予防活動支援事業」。通所、訪問、地域ケア会議、サービス担当者会議、住民主体の通いの場へのリハ専門職等の関与を促進する「地域リハビリテーション活動支援事業」などです。

 この事業によって、地域のOTが集団の中で活躍したり、講師となって地域に出ることが多くなるのではないかと期待しています。













 このような枠組みの中でOTはどのように働けるのでしょうか?会議に出席して考えたいと思います。ちなみに、協会としては、「新しい総合事業」でも、生活行為を重視して、MTDLPをアピールしてOTを説明してほしいようです。


 ちなみに、地域の取り組みに無関心なリハ職が多いようですが、なんか地域リハにに関わっていて楽しいのかなーと思っています(笑)
 私的にはみんなで何か新しいことしてみようよ、みたいな空気は好きです。























 あと、こういうりは会議にでて、話題に上がるのが「金にならない取り組みはしない」という意見なんですが、そんな悠長なことをいってられるほど、リハ職は立場は高くないような気がするんですが…。まあ、会社としては当たり前のことだとは思うんですけどね。

 リハ職なんて認知度も低いです。市町村がやっている地域包括ケアシステムの説明の際にPT・OT・STはおろか、リハビリ職の文字すら出てこないこともあるようです。(実話)

 変なプライドは捨てて、とりあえず知ってもらいましょうよ。そうしないと、地域で働く場所がなくなります。

 私もボランティアで講師をさせていただいたことがあります。住民主体で何かしろっていう前に、私たちも、何かしないといけないですよねー。







 ではまた!







 昼間はかなりネガティブなツイートをしてしまいました。すみません。

 このブログを始めたのは愚痴を吐き出すという意味もありました。そもそも、訪問に出ている作業療法士が少ないうえに、愚痴を聴いてくれる、先輩、同僚なんてなおさらいません。しかも、それでいて、PTにたまに馬鹿にされるOTという構図。もう疲れました。ちょっとネガティブな記事になります。









 私が、なぜこんなにも作業にこだわり始めたか、といいますとやはりOTのアイデンティティにがないということでしょうか。


 正直に言ってPT・STはすごいです。アイデンティティもあります。心身機能をしっかり見れます。


 それにくらべて、OTはどうでしょう。





 OTは何をしていいかわからない。

 OTはなんでも屋だから何でもします。(一つ一つのクオリティは低いし、PTの真似事だけども)

 OTだけどここ何年か作業療法はしてないなー。(ベテランOTの言葉)。

 OTって勉強しようがないし、良くわからないけどPTさんが手技の練習してるから一緒にやってみよう。




 こんな感じばっかり。



 私はとても不器用です。

 広く見ようとしすぎたら、たぶん一生自分がやっていることに満足できないでしょう。

 回復期の頃は、心身機能ばっかり見て、訪問に来て、訪問は生活をみろ。しかも身体障害の方以外にも、精神疾患の方もいる。

 一つ一つ細かく疾患や障害を勉強していたら、一生勉強しても、間に合わないと思いました。医者じゃないし。


 

 そんな時に出会ったのが作業療法の理論でした。





 作業に焦点を当てれば、疾患などはあまり関係なくなるんじゃないか、そんな期待すら持ちました。

 
 MOHOの講習会や、AMPSの講習会など、作業系の、講習を受けるうちになんとなく、少し光がさしたような気がしました。


 見る分野は広いけれど、作業に焦点を当てれば、どんな分野でも共通項があるし人の役に立てるのではないかと思いました。









 ここまでは、いい話(笑)














 でも、世間は作業療法なんて何するか知らないし、リハビリっていったら運動をしてもらいたいんです。特に介護保険下では顕著でしょう。

 それなのに、いきなり、面談で、作業とかいっても、まあ、正直そうそうに切られたりすることも多いでしょう。

 初めて訪問したお家で「え、作業療法士なんですか?」みたに聴かれることも、年に2回くらいはあるでしょうか。で、作業療法士って運動できるんですか、とかまで聞かれちゃう。なんか俺悪いことしたかみたいな感じになる(笑)

 隠れキリシタンならぬ、隠れ作業療法士。みたいな。






 

 






 職場でAMPSは研究者向けでしょみたいなことをOTの少しえらい人に言われた。うちの会社は結構講習費だしてくれるのにESI行きたいっていったら「対費用効果考えて」みたいなこと言われて却下されかけている。

 それを同僚のPTに言ったら「だってAMPSとかで依頼来ることないじゃないですか」みたいに言われた。彼はパーキンソンの運動療法の認定(ちょっと名前でしちゃうと身ばれが怖いので笑)みたいなのを持っていて、その肩書きだけで、この間一人新規の利用者の依頼が来たらしい。




 運動療法はわかりやすく、作業は意味が分からない。が、今のところの地域でしょう。





 ていうか、同僚のPTがドヤ顔で偉そうにしていて、なんかイラッとしたけど、私も生活行為推したおかげで、新規の利用者の依頼が来そうなのになー。それは、MOHOやAMPSで生活行為を理解した土台があったからだとも思っているですが、いかんせんわかりにくい。運動療法みたいに目に見える部分じゃないし。











 だから、OTみんなで頑張って発信したいんです。作業療法士を作業療法士として使ってもらう。地域ではまだまだそこからスタートです。
 
 生活行為向上マネジメント、みんなで推していきましょう、という形でしめさせていただきます。

 明日は台風にめげず、訪問頑張ります。




はじめての訪問リハビリテーション




 昨日は飲みすぎました…。久しぶりに大学の同級生に会ってきました。私も含め、私のグループにはどうしようもない連中だらけでしたので、皆退学したり、転科したりで結局作業療法士にならなかった人が多いです。でも、どうせこれから、OTも給料上がらないだろうしならなくて正解だったのかもしれないですね…。おっと、またネガティブが出てしまった…。

 

 それはそうと、今日は昼ごろから、精神疾患の方と、外出訓練をしてきました。いやーあつかった…。涼しいときにするものですねこういうのは…。

  私は、皆さんが訪問リハと聞くとすぐに思い浮かぶような、身体障害のリハビリ以外にも、精神科訪問看護のリハビリも行っています。これは実は作業療法士しか回れません。身体障害も見ながら、精神障害のかたに介入させていただいていることはとてもいい経験になっていると思っています。

 しかし、まあ、いきなり会社に精神科のリハもしてくれといわれたものなんで、いまだに手ごたえがないことが多いですが、何とかやっています。

 ちなみに基本的には訪問リハの屋外訓練はグレーゾーンです。基本的には、自宅でということですね。外に出られるなら、デイケアなどに行きなさいということでしょうか?


☆屋外訓練の意味とは?☆

 身体機能をみるということになると、大きくくくると
  
  ・身体機能評価
  ・認知機能評価
  ・移動評価
  ・安全対応評価
  ・歩行評価

 などになるでしょうか?これらの評価を実際に公共交通機関や買い物を通して、評価することになります。

 簡単に書きましたけどこれらを、どのくらい効率良くやれているか、どのくらい努力的か、安全か、自立してできているかなど、細かく見ていくのは結構難しいですよね。私もちゃんとできるようにならないと…。

 今日一緒に外出した方は精神疾患の方ですが、やはり上記の評価は必須になるでしょう。MOHOでいうところの運動技能、処理技能でしょうか。

 しかし、精神疾患の方なのでもう少し大きな視点で外出という課題をとらえたかったので少し調べものをして考えていました。そして、エリクソンの発達段階にたどり。



☆エリクソンの発達段階☆
 

 精神疾患の方は、作業的な経験が不足したりすることが多いという話を聞いたことがあります。それゆえ、精神的発達が足りなくなるというところでしょうか。

 エリクソンの発達段階は、年齢や時期に応じて、心理的・社会的な課題があり、そしてその課題を対処できなかった時の危機が設定されています。


エリクソン



 セラピストともに外出をするということは、誰かと出かけるという課題なわけですが、心理的・社会的な課題を乗り越える力となるように感じました。

 今日、一緒に外出をした方は、成人初期の段階で対処できなくなっているように感じました。つまり、誰かと「親密」な状態をつくることが、難しく、「孤立感」を感じている感じでありました。確かにCOPMを取った時も作業所で友達を作りたいと述べていました。

 今回の外出でセラピストと「親密」な関係を築くことで、心理的・社会的発達を促進し、次の段階にいければいいのかなと思いました。(依存はダメですが)


 作業への色々な、意味づけを考えるときりがないですね…。





 


 それにしても暑かった!では、また!



はじめての訪問リハビリテーション