作業科学

ここでは、「作業科学」 に関する記事を紹介しています。


 お久しぶりです。子供が産まれたり、嫁が退院して来たり、土日は嫁の母親が来たりと、なかなか自分の時間が取れませんでした。

 ちょうど嫁の両親も帰りひと段落しています。子供も案外優秀でそこまで夜泣きしないので、今はちょっとのんびりの見直しながらブログを打っております。
 
 久しぶりに、飲みながら書かせていただきます。



 さて、いきなりですが私の作業バランスは一気にかわりつつあります。認知作業療法の研修にも行きたかったですし、金曜日は記憶がなくなるまで飲むのが基本でしたが、娘を風呂に入れてみたり、オムツ交換をしてみたりパパとしての役割をまっとうして(笑)おり、趣味人としての役割は隠れつつあります。

 

 Wilcockは「行うこと(doing)存在すること(being)なること(becoming)」という講演を行いました。 これかな?

 今までは人は存在からすることが決まっていました、父親だったらこれをする、母親だったらこれをする。beingからのdoingだったんだと思います。

 しかし、作業療法では作業をすることによって、どんな存在であるか、つまり何をするか(どんな作業をするかに)によってどんな存在であるか、どんな存在になっていくのか、そして、後に加えられた、どういう所属(belonging)であるかということにつながっていくかということを大事にします。



 それは人権にも関わります。一時期出回っていた、人権の漫画で高齢者だからマラソンを止められるというものがありました。
今までだったら、高齢者はといういわゆる「being」から、マラソンはすべきではないのではないか、というところにつながっていたわけです。
 
 作業の視点からこの例からみるとマラソンをする「doing」から趣味人としての存在「being」に変わっていくことが重要だということになります。



 70、80代の人の話を聞くと、父親としてのすべきことは、「仕事がすべてで、家で何もしないということ」という作業のように思います。
 
 企業戦士というような言葉からわかるように、仕事がメインでありました。

 今、私からわかるように家はみんなで守るものになってきています。共働きも増え、妻に任せきりというわけにもいきません。
文化や時代色んな物に左右されるなぁと感じています。周りの環境に影響されるのは、社会的にどんな存在あるか、といったところでしょうか。



 作業のレンズを通してみれば、それは作業的不公正ということかなーと思います。
先ほどの「行うこと(doing)存在すること(being)なること(becoming)」には作業的公正と、生態維持可能地域の開発(生態系を保つことのできる環境)が大事です。

 ちょっと今の日本には難しいかなぁなんてことはちょっと思います。

 しかし、私は娘のオムツ交換やお風呂を行うことで父親でもありますし、こうやって作業のことをブログで書いたり、仕事をすることによって作業療法士でありつづけます。そして、音楽を流したり、ギターを暇な時間に弾いたりすることによって、趣味人でもあり続けることができます。

 作業療法士の向き不向きを書いた際にもなんかもやもやしたことを文にした感じでした。

 今感じるのは、そんな考えすぎることはなくて、自分の「doing」がどんな存在「being」につながっているか、しっかり考えていれば、不安に思うこともないのかなとも思います。



 私が作業について、作業療法について考え、行動し続ければ私は作業療法士として存在できます。

 音楽を流して、娘にも聴かせてみたり、自分も聞いたり、演奏したりすることは、趣味人としての私を支えます。


 家庭を持つ、ということは不安ですが、娘を風呂に入れる、オムツを変える、という作業は私を家族に所属させ、親という役割を与えてくれます。「being」「becoming」そして、家庭に所属する「belonging」をささえてくれます。



 さて、私はどんな作業を通してどんな存在になっていくのでしょうか。

 こんなことを考えたのは、私たち夫婦も子守りがわからず必死になっていたときに、嫁の母親には家事ばかりで、あまり子供に触れる時間があまりありませんでした。

 しかし、先ほど、私が嫁に行って「お母さんにも孫の世話を積極的にしてもらおう」という提案をして、導入したところとても良い表情をされていました。きっとその作業を通して「母方の祖母」という存在が肯定されたのかもしれません。

 はて、どんな「作業をすること」が各々の存在を肯定をしてくれるのでしょうか。



 今日は作業って何だろうからでした。



うーん、パイナップルのストロングゼロがおいしい。明日はゆっくりします。

子育てのアドバイス、お願いします笑。

ではまた!
スポンサーサイト
 またまた、かなりお久しぶりです。なんだかんだ、冬の訪問というか、冬の屋外移動がこたえている、帰ってからすぐに寝てしまったり、生活リズムが崩れております。

 生活行為向上マネジメントの伝達講習の資料が作り終わりました。一時間で伝えきるのは至難の技ですが、(ていうか無理)なるべく体感してもらえるように、グループワークを行えるように用意しました。

 後は事例もまとめています。クライエント中心に対する理解を深めるために、ロジャースまで遡っているので泥沼化しています。考えれば考えるほどよくわからないぞ…。事例は、ただただ、会社で発表するだけじゃなく、倫理的な疑問まで投げかけて、会社の中でディスカッションできるようにしたいなぁ…。答えが出ないであろうジレンマ的な問題を話合うのは大切なような気がします。スタッフが何考えてるか、がわかりますし。

 あ、偉そう、すみません笑。







 さておき、土曜日と日曜日には作業科学セミナーに行ってきました。とても刺激になりました。面白かった。祝、初名古屋。

 何が面白かったって、味噌おでんがおいしくてビールも軽く飲んで、ひつまぶしでしめてみたり。きしめん食べたり、みそかつ食べたり…。うん。味噌、思いの他おいしかったー。

 食い倒れてた…。









 で、作業科学セミナーです。抄録は作業科学研究会のHPから見られるみたいですよー。

 作業科学研究会






 最初の20周年記念公演は吉川先生、というかしましまの方々のプレーバックシアターでした。
 
 司会の宮前先生は満足なような不満足なような…中途半端なもののほうが、後々よく覚えている、といった話をされていましたがインパクトがすごかったです。

 主観的な体験を劇にする、ということは、確かにCLを理解するのには役にたつかもしれません。



 佐藤剛記念講演では酒井先生が仕切りに、真のリハビリテーション、パラダイムシフトをといったような話と、OSをどう作業療法に活かすかといったよな話でした。

 イタリアの精神科の話などは結構興味深かったです。調べたいもの増えた…。



 口述発表。なんだかんだで一番おもしろかったです。本や文で読んだことはあっても、作業科学の発表をみるのが初めてだったからかもしれません。

 私的には、家の中の「平和に過ごさなければならないという語りに注目する」という発表がすごく面白かったです。日本人特有のなんか抽象的な表現をこういう風に表すことができるんだなぁ、ととても新鮮でした。作業科学、面白そうと思えました。

 私は音楽が好きなので、黒本に載ってる、マイルスデイビスの作業の視点なんかも好きでした。

 ちょうど、ちょっと前に、Yerxaが変数を設定して現象を単純化してとらえようとする見方は作業の理解を妨げるみたいな記述を読んだところだったので、こういうことか、と、とても納得しました。

 作業を深く掘り下げると面白いですね。私も、ずーっと散歩(というか徘徊?)していて、よくお散歩にお付き合いする利用者さんがいるんですが、「散歩」に対しての意味を一緒にさらに掘り下げてみたいなーとか、なんか、色々実践につながりそうなヒントがありました。
 散歩するとコロッと、穏やかになるんです。病気の問題行動として見るのか、作業としてみるのか、いろんな側面がありそうです。

 ポスター発表は、学生さんまで発表していて、なんか自分も頑張らないといけないなと思いました。

 





 夜は朝早くてしんどかったので、懇親会は出席せず。立ち飲みやで味噌おでんを食べて、ひつまぶし食べて就寝。変な時間に起きてあんまり寝られらなかった…。苦笑。



  

 

 で、二日目は特別講演で、コミュニティーカフェがメインの講演でした。地域でどのように作業療法士が活躍できるかの視点がたくさんあったように思います。

 ただ、私が働いているエリアだけかもしれないですけど、市民が運営しているサロンや教室が結構出てきてますよね。私も地域の会議でお会いした民生委員の方に誘われ見学に行ったことがありますが、皆さん熱心に運営をされているので、正直若造が入り込む隙間がなかなかないというのはありますね…。まぁ少しずつ、まずは、できそうなこと探しから、訪問が空いてる時間にしていこうかなとは思っています。

 地域でリハ職が役割を与えられないまま、システムができてきているのはちょっと、危機感があります。



 そして、基調講演はタウンゼント先生の作業的公正と作業権についてでした。

 名古屋…。嫁妊娠中…。笑。悩みましたが、タウンゼント先生の講演が聴けるのならと思い、参加しました。

 作業的公正はCLの主観、だと思っていたのですが、そうではないんですねー。作業機能障害はMOHOで発展して、作業的公正は作業科学で発展した、同じくらいのニュアンスのものかと思っていましたが、そうでもなさそうです。

 作業的公正については、誰から見て作業的公正かということも議論してくださいとのことでした。なるほど…。

 OTがもっと人権教育を受けたほうがいいんじゃないかという話もありましたが(ありましたよね?笑)作業的公正、作業権はそういった権利つながりがあるんだということがなんとなく理解できました。

 正直まだ全然消化しきらないので、また、色々調べながら復習しようかと思います。



 最後にワークショップ。結構人が減ってましたねー。私はワークショップ好きです。交流が苦手な私でも、意見を積極的に交換できるので。

 作業的公正、難しかったーと思ってたら、周りの方も理解しきらない感じだったのはちょっと安心しました。笑。

















 来年は大阪みたいですね。いけるかな?でも、来年は全国学会は近くだし、子供も生まれるので無理してはいかないと思います。でも、作業科学の研究すごく興味が沸きました。いずれ、発表してみたいなー。








 今年は、いろんなところに行きました。
 
 臨床作業療法学会は、結構バラエティに富んだ、いろんな知識を得ることができました。

 作業行動学会はMOHO使って研究している人たちの力強さを感じました。

 ESI講習会ではアン先生直々に教えていただき、作業に基づいた実践で作業療法のアイデンティティを見つけたいと思いました。

 作業科学セミナーは、作業の深さを知ることができました。

 
 
 ただ、結構ブログとかツイッターを見てるとMOHOが軸なんだろうなーとか、OTIPM推しかなーとか、この人は作業科学がすきなんだろうなーって…何かを中心に据えてる感じがあるんですが、私はないんですよねー。それがほんのちょっとだけ悩み。

 でも、皆つながってる気はしてるんですけどね。優柔不断。



 今年は研修や学会はもうないので一区切りです。




 色々ひと段落したら、いままで書きたかったことブログにたくさん書きたいと思います。来年は自分がやってることの「見える化」をしたいので、文章がすらすら書けるといいなぁ。



 ではまた!




「作業」って何だろう作業科学入門

新品価格
¥2,376から
(2016/11/27 19:45時点)




作業療法の視点 続 作業を通しての健康と公正

新品価格
¥4,104から
(2016/11/27 19:47時点)


 あー書いてたらいきなりパソコンの電源切れた…。くそー…。




 ずいぶんお久しぶりになってしまいました。完全に風邪気味です。

 雪は降るし、寒くて腰は痛くなるしで、なんか地獄のような訪問をしていました。腰が痛くなるのは何年ぶりか…。痛みがあるとやる気がそがれます。

 本当はMOHOとICFとか自分自身のポートフォリオとかやりたかったんですが、作業科学セミナーが近づいてきたので作業的公正について少しまとめたいと思います。





 作業的公正というワードを聞いたのはいつだったでしょうか…。たぶん吉川先生が、茨城で講演されたときに聞いたような気がするんですが…。定かではありません。最近物忘れが…。

 はっきり認識したのはカナダモデルを勉強した際でした。
 
 「作業療法の中核関心ごととして作業を、作業療法士がもつ中核能力として可能化を、多様な人々が文化に根ざした作業と結び付く際の基盤となる目的や理想として公正をおく。」





 作業的公正は今度の作業科学セミナーで講演をしてくださる、エリザベス・タウンゼントが作った、概念です。
 
 「理不尽な不当な差別を受けることなく、全ての人が自分とその社会にとって意味のある作業ができるような状態」
 「作業的公正の枠組みでは、個人的に意味があり社会の価値に見合う作業にアクセスすることは市民権と考える。」

 何のこっちゃって感じかもしれませんが、この間ツイッターで出回ってた、人権ポスターにわかりやすいのがありました。

 わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう。愛知県の人権週間啓発ポスターがすごく良い

 特に高齢者のマラソンの漫画なんかは臨床でもよく出くわす気がします。マラソンという作業を、周囲から止められる。でも、最終的にみんなで楽しめている。この感じなんだろうなーと思います。

 


 作業的公正な状態でないことを作業的不公正といいます。作業的不公正には種類があります。


 作業疎外:生活行為に対して意味を見出していない状態。 ex)仕事をしていても満足感や充実感が得られない。
 
 作業剥奪:外的要因によって生活行為が行えない状態。 ex)やりたいことはあるが環境が整わない

 作業周縁化:多くの人が価値を認めるような生活行為を行うことができない状態 ex)自分がやりたいことは周囲から反対されたり批判される。

 作業不均衡:日々の生活行為のバランスが崩れている状態。 ex)忙しすぎて趣味や息抜きを行う時間がない

 
 さっきのマラソンの漫画で家族が強引に止めたりしていたら、作業周縁化になるわけですね。
 
 ちなみに作業機能障害とは何が違うのか、ということは、京極先生のブログに書いてありました。

 作業機能障害と作業的不公正の違い
 



 この概念を知ることで、本当に作業療法は多様性があるなーと思いました。






 で、なんで、作業的公正をまとめようと思ったかというと、かなり経験年数が上の作業療法士と飲んで話していたんですが、

 「精神障害の人はわがままな人が多いし、大変。酒OTはどう支援してるのか」
 酒「私はCL中心だと思って、まずは困りごととかを聴きますよ。」
 「そうかー私は正直気持ちとかよくわからないし、ひとまず良い医者がいることが前提じゃなきゃ支援できないなー」

 うーん…。この人は何を考えて支援しているんだろうか。と思ってしまった。
 
 酒「ドクターとの連携も大事ですけど、それ以外で私たちができることもありますよね」
 「良い医者に会ったことないだけだよ」
 
 そこまでいうんだったら過去の栄光をまとめて、発表でもしてみてくれよと思ってしまいました。あ、すみませんだいぶ愚痴っぽくなってしまいました苦笑。
 
 医学の視点と、作業の視点、どちらも大事で、どっちでも見らるようにならないと、今回の会話のような感じになってしまうなと思いました。

 今度伝達講習もするし、せめて作業的公正の概念だけでも知ってもらえたらなー。

 柔軟に作業療法、できるようになりたいなー。










 それではまた!




「作業」って何だろう作業科学入門

新品価格
¥2,376から
(2016/11/27 19:45時点)




作業療法の視点 続 作業を通しての健康と公正

新品価格
¥4,104から
(2016/11/27 19:47時点)


 暑いです。もう夏は終わったはずなのに、なぜこんなところで夏バテをしなければいけないんでしょうか…。

 今年は自立神経の問題なのか気持ちいい汗じゃなくて、変な汗が多いような気がします。元気とはほど遠い状態です。

 
 で、元気になれるといえば作業(笑)



 作業療法協会が出しているMTDLPの売り文句「人は作業をすることで元気になれる」とのことですが…ほんとかよ笑。

 その答えを教えてくれるのが、Well Elderly Study(健やか高齢者研究)という研究です。

 これは作業科学という学問の中で、行われた研究で、「作業は老化速度を遅らせるか」という問題に対して取り組んでいます。

 この研究を通して、作業にどんな効果があるかということがわかります。 

 

☆作業科学とは?☆
 
そもそも作業療法には基礎学問がないといわれてきたようです。作業療法よりも前に、作業について良く考えるための学問が作業科学です。メタ理論、なんていう言われ方をしています。大理論はMOHOやCMOPがありますがさらにそれより広い、理論です。

 それで、作られたのが作業科学という学問のようです。

 
 作業科学の目的としては、「作業は健康や安寧や環境にどのように影響するか、どのように影響されるかについて研究する」「人間の健康と日常的な経験と作業との関係に関する知識を構築する」などが挙げられます。

 
 中核となる概念は、以下のようです。

 作業科学:作業的存在としての人間の研究する基礎学問であり、作業的存在としての人間についての厳密な研究。
 作業:文化的個人的に意味のある活動のまとまりで、文化の中で命名される、すること(doing)、なること(being)、なっていくこと(becoming)

人を作業的存在ととらえ、作業をすること(たとえば仕事をすること)で、作業的存在(社会の一員、あるいは、一家の大黒柱など)になるという考えです。

 
 研究対象としては以下のようなものがあげられます。

 ・人の作業を特徴づけるものは何か?
 ・人の作業の形態、機能、意味は何か?
 ・人の作業と健康との関係は?
 ・人の作業と人間発達との関係は?


 作業科学は作業療法にどのように影響してくるかというと、

 伝統的な作業慮法における作業には治療的な力があるという根拠
 作業的存在として、自己及びクライアントをとらえる
 共同的で作業中心な治療関係の促進

 これらの手助けになります。


☆Well Elderly Study(健やか高齢者研究)☆


 先ほど書いたように、作業科学というものを通して、「作業は老化速度を遅らせるか」という問題に対して取り組んだのがこの研究になります。

 健やか高齢者研究は対象者361人をランダムに振り分けて比較する、ランダム化比較試験で行われており、エビデンスがかなり高いといわれています。

 

 健やか高齢者研究は361人の低所得の高齢者用公営アパートに住む高齢者を、OTが担当する作業療法群、専門職ではないスタッフが担当する社会的活動群、無介入群に振り分け、9か月でどのような変化が起こるかを調べました。

 そして作業療法群と他の二つの群をADL、社会活動、対人交流、生活満足度、身体機能などの15項目で比べると、実に10項目に低下の程度に有意差がみられたのです。

 ちなみに専門職ではないスタッフが担当する社会的活動群、無介入群では有意差がなかったとのことです。



 ちなみに作業療法を行った群では、「ライフスタイル再構築(Lifestyle Redesign)」というプログラムを行っています。

 このプログラムは
 
 ①講義:日常生活活動、対人関係など様々なテーマについて講義を受ける
 ②情報交換:小グループで経験を語る
 ③体験:講義や情報交換で出てきたことを実際に体験
 ④生活での発展:プログラムで行ったことは生活の中でさらに工夫したり、新たな展開がある

 という流れで行われます。

 このプログラムの原著はとても難しく、なんか ビデオみたいなのがあるみたいな噂も聞いたんですが、はて…笑。

 しかし、このプログラムの中には作業療法のヒントになりそうなことがありそうな気がしているので調べていきたいと思っています。


☆日本では?☆

 ちなみにこのライフスタイル再構築のプログラムの流れでMOHOの講義をするというのが「65歳大学」です。介護予防などに使おうと色々な取り組みがされているようです。すでにRCTなどで結果も出ているようなので要チェックかもしれません。










 「人は作業をすることで元気になれる」がしっかりとした根拠を持って言えるよう、色々な情報収集はしばらく欠かせなくなりそうです。

 ではまた!
 




「作業」って何だろう作業科学入門



作業科学―作業的存在としての人間の研究