主に作業療法、時折音楽のことを、酒を飲みながら書いていきます。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あー書いてたらいきなりパソコンの電源切れた…。くそー…。




 ずいぶんお久しぶりになってしまいました。完全に風邪気味です。

 雪は降るし、寒くて腰は痛くなるしで、なんか地獄のような訪問をしていました。腰が痛くなるのは何年ぶりか…。痛みがあるとやる気がそがれます。

 本当はMOHOとICFとか自分自身のポートフォリオとかやりたかったんですが、作業科学セミナーが近づいてきたので作業的公正について少しまとめたいと思います。





 作業的公正というワードを聞いたのはいつだったでしょうか…。たぶん吉川先生が、茨城で講演されたときに聞いたような気がするんですが…。定かではありません。最近物忘れが…。

 はっきり認識したのはカナダモデルを勉強した際でした。
 
 「作業療法の中核関心ごととして作業を、作業療法士がもつ中核能力として可能化を、多様な人々が文化に根ざした作業と結び付く際の基盤となる目的や理想として公正をおく。」





 作業的公正は今度の作業科学セミナーで講演をしてくださる、エリザベス・タウンゼントが作った、概念です。
 
 「理不尽な不当な差別を受けることなく、全ての人が自分とその社会にとって意味のある作業ができるような状態」
 「作業的公正の枠組みでは、個人的に意味があり社会の価値に見合う作業にアクセスすることは市民権と考える。」

 何のこっちゃって感じかもしれませんが、この間ツイッターで出回ってた、人権ポスターにわかりやすいのがありました。

 わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう。愛知県の人権週間啓発ポスターがすごく良い

 特に高齢者のマラソンの漫画なんかは臨床でもよく出くわす気がします。マラソンという作業を、周囲から止められる。でも、最終的にみんなで楽しめている。この感じなんだろうなーと思います。

 


 作業的公正な状態でないことを作業的不公正といいます。作業的不公正には種類があります。


 作業疎外:生活行為に対して意味を見出していない状態。 ex)仕事をしていても満足感や充実感が得られない。
 
 作業剥奪:外的要因によって生活行為が行えない状態。 ex)やりたいことはあるが環境が整わない

 作業周縁化:多くの人が価値を認めるような生活行為を行うことができない状態 ex)自分がやりたいことは周囲から反対されたり批判される。

 作業不均衡:日々の生活行為のバランスが崩れている状態。 ex)忙しすぎて趣味や息抜きを行う時間がない

 
 さっきのマラソンの漫画で家族が強引に止めたりしていたら、作業周縁化になるわけですね。
 
 ちなみに作業機能障害とは何が違うのか、ということは、京極先生のブログに書いてありました。

 作業機能障害と作業的不公正の違い
 



 この概念を知ることで、本当に作業療法は多様性があるなーと思いました。






 で、なんで、作業的公正をまとめようと思ったかというと、かなり経験年数が上の作業療法士と飲んで話していたんですが、

 「精神障害の人はわがままな人が多いし、大変。酒OTはどう支援してるのか」
 酒「私はCL中心だと思って、まずは困りごととかを聴きますよ。」
 「そうかー私は正直気持ちとかよくわからないし、ひとまず良い医者がいることが前提じゃなきゃ支援できないなー」

 うーん…。この人は何を考えて支援しているんだろうか。と思ってしまった。
 
 酒「ドクターとの連携も大事ですけど、それ以外で私たちができることもありますよね」
 「良い医者に会ったことないだけだよ」
 
 そこまでいうんだったら過去の栄光をまとめて、発表でもしてみてくれよと思ってしまいました。あ、すみませんだいぶ愚痴っぽくなってしまいました苦笑。
 
 医学の視点と、作業の視点、どちらも大事で、どっちでも見らるようにならないと、今回の会話のような感じになってしまうなと思いました。

 今度伝達講習もするし、せめて作業的公正の概念だけでも知ってもらえたらなー。

 柔軟に作業療法、できるようになりたいなー。










 それではまた!




「作業」って何だろう作業科学入門

新品価格
¥2,376から
(2016/11/27 19:45時点)




作業療法の視点 続 作業を通しての健康と公正

新品価格
¥4,104から
(2016/11/27 19:47時点)


スポンサーサイト
 またまた、お久しぶりになってしまいました、なんか対してやることもないのに、精神が疲れてしまい、グダグダしておりました。いや、まあ酒を飲む機会も増えていたんですが…。年末になると、案外色んな人が声をかけてくれるのはうれしいです。酒癖悪いくそ野郎と飲んでくれる人もいるんだなと思います。

 まあ今年の、残る一大行事は作業科学セミナーに参加するくらいです。やはり、CMOPで有名なエリザベス・タウンゼント先生の話を聞ける機会はなかなかなさそうなのでとても楽しみにしています。後は、こういう研修に一緒に行ける同僚がほしい…。





 さて、遅ればせながらMTDLPの研修を受けてきました。(あれだけMTDLPを押していたのにまだ受けてませんでした笑、ほんとにすみません)

 面接をして、様々な要素を評価したうえで、合意目標をたてる過程では、正直かなりの割合で、CLとのズレや摩擦を生みそうな気がします。

 そもそも、予後をしっかり伝えられていないで、麻痺や病気が治って元の生活に戻れるように思っている方も多いような気がします。

 どこかの研修か何かで、聞いた事例ですが、直接口からでた希望が「ゴルフに行きたい」で、合意目標が、「グランドゴルフに行く」みたいな話を聞いたことがあります。その事例は、上手くいったのかもなーなんて思いつつも、なかなかなか当てはまる事例は少なそうな…だってゴルフとグランドゴルフ、別物やん!(爆)

 


 私も、目標設定は失敗した、苦々しい記憶を思い出します。

 家族も復職、CLも復職が…みたいなことを言っていてそうかーと思いつつ、なんか、家族は焦ってるのに、CLが復職はのんびりで、みたいな感じ。いやいや子供二人いるし何言ってんの!って思っていたら、CLの不倫相手が、職場の経営者で、せいぜい、不倫相手職場で、そんなにせかせか働かずに気が向いたら職場に行ければいいか、ぐらいの感じだったという…。
 私は、復職!っていう頭で気合い入れて支援しようと思っていたので、かなりギャップがあったようです。





 

 そんな中で、臨床作業療法学会で出会ったのがACEでした。ACEは作業遂行に関する認識差異の評価だそうです。

  ACEのHPはこちらのようです 

 正直に言って、初回面接で、しっかりと目標をたてるのってめちゃめちゃ難しいですよね。だって、さっきの不倫相手みたいな、初回でつかみきらない環境因子がありますし。しかも初回じゃ話してくれなかったこともその後でてくることもよくあると思います。

 しかも、担当をたくさんもっていたら、その方の環境や、その方のバックグラウンドなんて全部把握しきらないですよね。

 COPMの掲示板に、その方の生活歴やその他いろんなことを聴いたのに忘れてしまって、また聴きなおしたのが悔しかったみたいなことが、書いてあって、吉川先生が、全部は無理だから、作業に焦点を当てたらどうかみたいなことを書いていたような…。

 

 ちょっとそれてしまいましたが、ACEだったら案外初回でも生活でやる、やらないで、しかも、OTとCLで紙面上でばらばらに行うっていうのは面白いなーと思いました。

 不倫のことが言い出せなくても、とりあえずCL感とのズレはわかったかなーなんて。

 不倫不倫言い過ぎか笑。まあ、社会的にはやっぱり問題だと思いますが、それはCLが決めることですから、こっちは関係ないですよね。






 で、あとはACQはAMPSとESIで「OTが観察こと」と「CLがインタビューで語ったこと」にどの程度のズレがあったかということを数値化できるものです。

  ACQのHPはこちら 

 ACQは以前もブログに書きましたので、さかのぼっていただければ…!

 実際はできていなくても、CLはできている、実際はできていることを、できていないみたいなことを話すことはよくあると思います。

 話し合ってみたり、一緒に作業を経験してみて色々なフィードバックをかけてみたり、使い方は色々ありそうかなーと思います。

 せっかく数値化できるので、ぜひ結果として残してみたい気もしています。








 
 人は結局は主観の中でしか生きられないので、人と人との考えや、現実と主観のギャップを修正することで、円滑な作業療法が展開できそうな予感です。予感じゃなくて、頑張らないと笑。

 


 私は自分勝手でマイペースが好きなので、正直人と合わせたりズレを修正のはつらいです笑。でも、こういう評価ツールを使って頑張りたいところです。




 ではまた!




 
 お久しぶりです。本当に笑。

 ESIが受からないんじゃないかと思いつつも、一応、今週中には7人分のデータを取りきることができそうです。AMPSのときもそうだったんですが、受からなかったらどうしようというもやもや感の中頑張らなきゃいけないのが一番つらいです苦笑。

 あとはAMPSももう少し定期的に使えたらなーと思います。金曜日に数値が出せそうな課題がいるのでちょっとわくわくしています。






 さて、話は変わるのですが、訪問に関わりながらもたまに学生さんと関わる機会があるというのはとても貴重なことです。

 社内勉強会もなく、外部の勉強会にも出ない、という訪問に従事しているセラピストも結構いると思いますが(うちだけか笑)そうすると完全にガラパゴス状態ですよね。

 脱ガラパゴスのための手段として学生さんとの関わりがあると思います。訪問なんかは実習生を受けるのが難しいかもしれないですが、気軽に引き受けられたらいいですよねー。

 

 今回は訪問ではなかったんですが、利用者さんの評価を一緒にやる機会がありました。

 ちゃんと面接から始まっていたことには少し感動しました。

 ROMとかMMTとかはやり方が決まってますけど、面接は決まってないので、自分が作ったレールから外れるとかなりテンパってしまうようですね。

 むしろ、自分でレールなんて作る必要もない感じなんですけど…型がない、そこが難しいみたいです。
  



 身体機能の評価では私も知らないものもあり勉強になりました。ちゃんと私も予習していきました笑。

 この仕事は一生勉強なんでしょうが、自分のプライベートを侵さない程度に楽しみたいと思っております。




 
 でも、私もですし、学生さんもですけど、機能か作業か、どっち取るかは難しいから、とりあえず両方みたいなのはちょっとつらいところありますよね…。私も作業系に走りすぎて、疾患別の各論まで手を出せていないのは反省ですが、全部は手をだせません、馬鹿ですから。

 今の私には根元にMOHOやCMOPを置いておいて、利用者さんごとに、必要なものを調べるという方法が一番あっているような気がします。


 あ、今度キールホフナーがおすすめしてるポートフォリオ作りたいです。自分がどんな理論のもとで作業療法を実践しているのかちゃんとまとめたい。でもやることだらけー。








 作ったらまたブログに書こうと思います!ひとまず生きている報告(誰にしてるのかわからないですが笑)でした!

 ではまた!




 
 またまた、お久しぶりです。一週間に一回は書きたいと思っているのですが…。結構飛びましたかね。しかも今日も深夜。

 勉強会やら。ESIやら。バタバタ。

 ESIについてはAMPSのときと同様に、再提出になったらどうしようかという不安に襲われていますがこればかりはしょうがない。今週で5人分終わるのであと半分くらい。早く終わらせてー!AMPSは健常者向けの難しい課題は、家でしかできないものが多かったですが、会社とかで課題ができるのはありがたいです。

 ESI講習を一緒に受けた人も見ていただいているかもしれませんが(ちょっとはずい…)がんばりましょうー。


 








 さて、最近は平行して、精神科のクライアント中心の実践、ちょっと絞って、精神科訪問看護でのクライアント中心の実践について調べていましたが、なかなか文献が出てこない。事例もほとんどない。

 精神科訪問看護関係の事例で中には作業療法の目標が「看護士に迷惑をかけない」というようなものもあって、ちょっと驚いた。

 精神科に関しては、まだ個別リハのようなものはあまり行われていない、というより制度などから、行いたくても行えないという現状があるようです。(あ、まずい、この情報はどこの文献から拾ってきたのかわすれた…。)


 




 私は、精神科の施設で働いたことがない上に、つい2年前ぐらいまでは、精神疾患の方とはほとんど接する機会はありませんでした。今は精神科関係の施設での勤務経験が2年以下の医療職は研修を受けないと算定できないことになっているので3日ほどの研修を受けました。

 今でも担当している割合としては5人に1人くらいで、あとは、高齢の方が多いという現状です。

 でも、とても、精神科訪問看護での関わりは、今までにないような、気づきがあるのでとても勉強になっています。







 無理やりにでも歩かせようと患者さんを怒っている療法士をみたり、患者さんが嫌々やっているのを見るのが苦手でした。今日も他の療法士から言われたんですが「あの人は嫌がっていていも歩かないとだめだよ」と言われて、そういうもんかなー…なんて思って聞いていました。訪問でもそんなことが行われているんだから、まあどこも変わらないですよねー。
 
 私は元々小心者なところもあり、CL中心の実践に惹かれたのでしょう。







 事例などをみた感じ、CL中心の実践がやりにくいと思われているのが案外この精神科訪問看護なんでしょうか?まあ利用者さんのレベルによるとは思いますが…。でも、身体障害より案外やりやすいかなと感じることも多いです。

 精神科訪問看護の研修のときにも言われたんですが、訪問の最初は話を聞きなさいと。だいたい、精神疾患を持っている方は話したいと思っている方が多い印象があります。

 幻聴や妄想とかいろいろありますけど、不思議と一緒に目標をたてたり、一緒に色々やったりできているなーと感じます。仕事のためにPC練習したり、公共交通機関の練習してみたり、女の子にもてるためにお金管理してみたり(笑)

 







 地域のOTが自分と同じような経験が多くできたら、OTが地域に出ていく意味が強くなるんじゃないかなーという自分勝手な理由(笑)で、少し、この経験を発信したいなーとも思います。









 身体障害と精神障害、発達障害など、色々な領域の作業療法を体験できるのは、訪問の特権のような気がします。

 でそれぞれの障害を症状ごとにばらばらに見てしまうと、もう何が何だかわからないので、CL中心の理論が役に経っている気がします。

 そういえば、CL中心って言い方、前はカナダモデル限定かなーと思っていましたけど、人間作業モデルとかOTIPMとか作業療法の理論を使った実践全般の呼び方になってきているんでしょうか?まあ、最近の機関誌にもCL中心にはカナダモデルや人間作業モデル、OTIPM…みたいなことが書いてあったんでそうなんでしょう。

 もう少し色々調べてみます。



 ではまた!
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。