訪問リハの新人研修って?病院と地域の違い。

ここでは、「訪問リハの新人研修って?病院と地域の違い。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 月末で疲労感が凄いです。書類業務がなかなか終わらず、グロッキーです。華の金曜日は飲みに行きたいですから、仕事は残しません。
 


 さて、訪問リハビリでは新卒をやとうことが、増えてきています。うちの会社も例にもれず新卒採用もしています。私は回復期から訪問リハに転職してきたときは、同期入社は皆、新卒で衝撃を受けました。

 そして、新人研修の短さにも驚きました。座学が1週間程度で、あとはプリセプターに同行して見て覚えてくださいという感じ。しかもプリセプターも2、3年目ぐらいという何ともお粗末なものでした。訪問先でみんな何を教えてもらっていたのだろうか…。

 そして、月1回のその後の研修ではなんとボバースやPNFの手技をやるという…。かなり衝撃的でした。

 最近は、訪問と病院は違うから、「病院で経験を積んでも訪問には活きない」とか、「訪問をやるなら新卒から来た方が、地域の視点を持ちやすい」とか、結構極端な意見が多いように思います。

☆「地域」の視点と「病院」の視点☆


 そもそも、地域の視点は、医療とは離れた部分が多いように思います。

 保険下でどんなサービスを使ったら、CLの生活が良くなるか、むしろ保険外のサービスや、団体を紹介した方がCLの生活が良くなるのか、どのようにしたらCLはそのサービスを使おうと思うのか、制度的にどうなのか、家族調整、他事業所との調整etc…。

 このような視点は私は、訪問に出てからようやく理解できるようになったと思います。これは地域ならではの視点のような気がします。

 私の病院の時の視点としては、動作分析や、専門的な手技や治療、身体状況の把握etc…。が強いように感じました。


 自分でも地域に出たら、視点は変わったと思いますが、やはり、病院勤務は経験しておいてよかったと感じています。それはなぜでしょうか?



☆「地域リハ」か「在宅医療」か?☆



 広く見れば地域医療とか、そういうものになるのでしょうが、私はこの二つに大きな差を感じています。


 地域リハは「障害を持つ人々や高齢者およびその家族が、住み慣れたところでそこに住む人々と共に、一生安全にいきいきとした生活が送れるよう、医療や保険・福祉及び生活に関わるあらゆる人々や機関・組織がリハビリテーションの立場から協力しあって行う活動のすべて。」地域全体で行うものですね。

 それに対して、在宅医療は「在宅医療とは、医師や看護師、理学療法士などの医療従事者が、自宅や老人福祉施設などの患者の住まいを訪問して行う医療活動のことです。」


 両方ともネットから引っ張ってきてしまいました…。今度ちゃんと調べます。

 私は最近よく、思うのですが、「地域リハ」を必要としてくれる人よりも、「在宅医療」を必要としている人が多いというように感じることが多いです。つまり「出張病院」のようなところでしょうか。

 離床も難しいような方にもいますし…生きていることもやっとのような人にもやはりお会いします。そのような時はやはり病院勤務で看護師さんに教えてもらったことや、どのように対応してたかをみていた 経験は大きいように感じます。また、OTとして上肢を細かく見てもらいたいなんて話も、やはり病院の経験があったおかげで、少しはできます。でも新卒で、いきなり訪問にでて、多種多様なCLをみるとなると、このような例は対応が難しいかもしれません。


☆じゃあ結局「地域」に出たら何ができるのか?☆


 それは、やはり、人を大きい枠組みでとらえられるようになるということ、でしょうか。リハビリはマネジメントすることだと気づかせてくれます。

 家族をCLとして、福祉用具貸与業者と連携して、福祉用具を選定し、満足度を上げる。
 ケアマネと連携をして、CLが行きたいサービスにつなげられるか評価する。

 など、病院などではできない経験をたくさんできるような気がしています。

 しかし、このような、リハ職の使い方が広まっていないように感じます。リハ職が上記のように使ってもらうにはまだまだ、認知度も低いですし、地域に出ている私のようなセラピストが少しずつ伝える必要があると感じています。


☆じゃあ結局新卒で訪問は良いか?悪いか?☆

 新卒で訪問に就職しようかと思ってる方には申し訳ないですが今はあまり奨めたくないです…。

 なぜか?

 ・訪問看護ステーションの急激な増加で、研修が適当なところが多い。
 ・今は「地域」より「医療」の視点が強いため、病院を経験した方が、訪問も行いやすいし、安心して仕事ができる。

 今よりも「地域」の視点でリハ職が積極的に使ってもらえるようになれば、新卒はまずは「地域」の視点から、見れそうなCLから持たせてもらって、次第に、医療的なリスクが高そうなCLへ…とか徐々にシフトできるかもしれないですが、今は難しいように感じます。

 

 












 で、なんでこんなことを書いたかというと、急遽年上のプリセプターをやることになったからです。その年上のPTは新卒で、四月からはベテランPTがプリセプターをしていたのですが、「勉強しろと言われるのが嫌だ」「あの人がプリセプターじゃ無理」などダダをこねたため、なぜか私がプリセプターになりました。新卒で訪問に来るのはいいですが「活動と参加」だけじゃなくて「心身機能」も見れるようにしてもらわないと…勉強しろ!


 とは、私はゆるーい人間なので言えません。そんなこと言ってる暇あるなら自分が勉強しないと…。

 










 やっぱり訪問は楽しいです。






はじめての訪問リハビリテーション




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。