indigo la endの新譜を聴いた!!「藍色ミュージック」

ここでは、「indigo la endの新譜を聴いた!!「藍色ミュージック」」 に関する記事を紹介しています。
 こんにちは。今日は音楽関係のことを書いていこうかと思います。作業療法士さんは音楽好きの方が多い印象が多いのですがいかがでしょうか?
 私は、ありがたいことに三連休中です。訪問看護ステーションでも、祝日が休みがない職場が多くなってきているのでしょうか?う私の勤める訪問看護ステーションは、休日出勤をすると、一件当たり3000~4000円で完全歩合で働くことができるので休日出勤する方も多いようですが…私は基本的に仕事は嫌い(爆)ですので、働きたくありません。


 
 さて、私は無類の音楽好きで洋楽、邦楽、クラッシック…基本的には何でも聴くのですが、最近は邦楽を聴く機会が非常に多いです。かの、亀田誠治も言っていましたが、邦楽の良いところはDメロまである曲もあるなど展開の広さがでしょう。聴いていて飽きない、というのは素晴らしいことです。洋楽は、つい単調に聴こえてしまうものもあります…すみません。

 その中でもここ最近で、素晴らしい才能を持っているなと思うのが「川谷絵音」です。ゲスの極み乙女も、indigo la endもなんて素晴らしいバンドだろうと思います。私は長岡亮介(浮雲)というギタリストが好きです。彼が持ってるギターをみると、長岡亮介と同じものを使っていたりと、きっと好きなギタリストも同じなのだろうなどとシンパシーを感じています(笑)ベッキーとの騒動もありましたが、それが気にならないぐらいに良い曲を書きます。ミュージシャンというのは大麻をやってみたり、略奪婚してみたりするぐらいのダメ人間ぐらいな方が、良い曲を書くというのはビートルズやクラプトンが早い段階から証明しています。(?)

 今回のアルバムは初回限定盤を買いました。最近はDVD付のものなどが多いので、つい初回限定盤を買ってしまうことが多いです。まあ、今回に関してはとんでもないDVDだったんですが…。

 私は恋の歌ばっかり歌ってる、バンドやミュージシャンというのは基本的に苦手なのですがインディゴだけは特別で、歌詞がすごいきれいで曲にマッチしてると思うんですね。特に今回のアルバムでは、心雨が自分の中では一番ヒットでした。私はあまり歌詞よりも雰囲気で曲を聴くのですが、同じ言葉が何度もリフレインするから印象に残るのでしょうか?ゲスもインディゴも、同じ言葉をリフレインさせることが多いように感じます。CDの方どの曲も素晴らしかったように感じます。

 で、問題はDVDなんですが…。アルバムの曲にのせて、メンバー紹介を絵音がしていくというような映像と、心雨のMVだったのですが問題はメンバー紹介のほうです。ちょっと引くぐらいナルシストな感じの絵音の語り、ちょっと見ているこちらが恥ずかしくなるレベルでした(汗)「僕はまだ、彼のことを何もしらない」とか…どうでもいいわ(笑)普通にライブ映像とか入れてほしかったー!!
 でも、心雨のMVはよかったですね。インディゴのMVは必ず女の子が出るんですが毎回いい感じの子なのでキュンキュンします。

 



 こんな感じで今回は悪口なのか、なんなのかわからない記事でしたが、「indigo la end」おすすめです。私はアルバム全部持ってます(ツンデレ)。また音楽関係の記事も少しずつ書きたいと思いますのでよろしくお願いします。










藍色ミュージック(初回限定盤)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する