OT学生さんと触れ合ってきます~大学2年生へオスキー~

ここでは、「OT学生さんと触れ合ってきます~大学2年生へオスキー~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なんか変態みたいなタイトルになってしまいました。

 訪問に出ていると学生さんと触れ合う機会が少ないです。今回は大学まで出向くというなかなか、できない経験をさせていただきます。

 被験者は、私の会社の系列の事業の利用者さんで、障害を持たれた方です。私が学生のときには直接、障害を持った方とお会いして、練習する機会はなかったので、いいことだと思います。

 私は、指導役で学生さんを見守りながら円滑に進むようにフォローしてくださいとのことですが…


 そんなスキルないですが(爆



 学生さんから、どんな評価をするか、まとめた資料が来ました。





 ROM、MMT、コース立方体、三宅、STEF、MMSE…。







 そうか、やはり、これが普通なのか。



 訪問にでて、なんとなく自分の世界に閉じこもっていたけど、まあやっぱりこれが普通ですよねー。



 あ、面接しないのね、とか色々考えてしまった。





 作業療法評価とは、なんなんだろうか。いまだにわからないときも多いです。





 しかし、私の頭の中は確実に変わりつつあるのだろう。とも思いました。

 この、評価項目は病院にいたころだったら、違和感はなかっただろう。






 今は、この評価項目を見て、「どうやって最終的にCLについてまとめるんだろう」とちょっと思ってしまった。





 でも自分が学生の頃だったら何にも考えてなかったなー。






 少しでも、何か爪痕を残してこれたらいいな、と思ってしまった。うん、でしゃばり(笑)








 最近は、こんなに細かく評価する機会もなかったので、自分の中でも、良い振り返りの機械になるといいなぁ。







 そして、若い力を吸収してきます(笑)




 ではまた。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。