この世はストレスまみれ~認知行動療法でストレス軽減…したい~

ここでは、「この世はストレスまみれ~認知行動療法でストレス軽減…したい~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日はとても、ダメな日でした。作業療法評価についてもやもやした気持ちになりました。私は臨床に出て思っていることを少しでも伝えたいと思って気合いを入れて、学生に会いに行ったのですが、検査をもくもくとしなければいけない雰囲気にやられました。そして、先生からも、予定になかった基本動作の分析をやってほしいといきなり言われ、パニック状態。協力してくださった片麻痺を持った利用者さんも疲労でグロッキー。私もグロッキー。普段は、電車も全然問題なく乗れる利用者さんが、段差で転びそうになり、私は目が疲れ、少し目を強くつぶっていたので、反応が遅れヒヤリ。

 こうやって、緊張したりする場面でいつもすぐ疲れるし、落ち着きなくなってしまう。うーん。

 今思い返してもストレスフル。






 さあ、世の中は、かなりのストレスで満たされています。世の中は作業機能障害まみれ(笑)

 ツイッターなどでは、患者さんのため!クライアントのため!と日々奮闘している方がたくさんいらしてすごいなーと思います。

 私が作業療法を学ぶのは…自分のためです(爆)



 それは、お金を稼ぐとか、そういった類の回答かと思われるかと思いますが、私の場合は自分の生活のヒントになることがたくさんあるからです。

 もともと、私は、夜型の生活になりがちだったり、少しのストレスで動けなくなる、人の視線が気になって頭が真っ白になる、など生活に対して色々な問題を持っています。そういう状態に対して、私自身が、抜け出したいという思いがあるからです。

 うん、ネガティブ(笑)。でも、前向きな人ばっかりじゃなくて、ひねくれてる人もところどころスパイスでいるといいと思っています。




☆認知行動療法とは?☆

 簡単に言うと心を辛くするような考え方、物の見方(認知)をかえる療法です。

認知行動療法

そもそも、ストレスをためやすい人にはそういう、考え方の癖があります。


 「いつも、仕事を失敗してばっかり…。」
 「あれ、もしかして、あの失敗がみんなに広がってるかも…。」

 事実のとらえ方のゆがみや、妄想などでこのような思考になってしまいます。

 本当にいつもなのか?本当に失敗がみんなに広がっているのか?

 このように、自然と頭に浮かぶような考えを自動思考といいます。



 そして、自動思考のもとになっているのは、その人の基本的な人生観や価値観、信念ともいえるスキーマです。

 「自分は人に愛される価値のない人間だ」

 などといった感じでしょうか。このスキーマが自動思考を左右します。

スキーマ 自動思考

この自動思考や、スキーマを変化させていくことで、落ち込みや、不安を軽減させていきます。




☆介入方法☆

 一対一での面接や、集団で行う方法、自己学習などがあるようです。

 日頃の問題に対して、実際に解決できそうなもの、そうでないものに分け、優先順などをつけ、話合っていきます。

 …ってCOPMやないか、とか思いましたが…(笑)

 そして、


 どのような状況の時に、

 どのような気分になって、

 どのような考えが浮かんだか?(自動思考)

 そのように考えた根拠・事実は何か?

 その根拠・事実が違うことはないか?

 適応的思考はどんな思考か?しなやかに考えると?

 考えてみて気分は変わったか?


 といった感じで話あったり、自分で振り返ってみたりします。(すみません、かなり省いてますが許してください)


 そして、学習していくと自動思考やスキーマが変化していく。といった感じみたいです。



☆作業療法やリハビリへの応用は?☆

 最近は認知作業療法なるものも出てきていますが、認知行動療法の応用みたいな感じだと思っています。

 障害を持つ前の自動思考やスキーマを持っていると生活を今の状態に合わせて適応させていくということが難しくなっていきます。

 認知行動療法は、思考やスキーマを作業などを通して変容させていく手がかりになるかもしれません。

















…振り返ってみると、昨日は学生さんとも色々な話をすることができましたし、自分にとっても検査などを振り返る機会になっていたと思います。しかも、昨日は色んな方にブログを見ていただけて本当にありがたいです。

 うん、雑だけど、こんな感じに思考が変わるんだと思います(笑)
 







 ではまた!





患者力を引き出す作業療法―認知行動療法の応用による身体領域作業療法


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。