利用者・患者「さん・様」?~介護保険下のリハビリ~

ここでは、「利用者・患者「さん・様」?~介護保険下のリハビリ~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結局土日はだらけてしまうんですね…。人間は怠惰なものですから、そう簡単にはうごかないですよねー。

 それは、誰だって同じですよね。

 今日は24時間テレビがありましたねー。なんとなく毎回マラソンのゴールは見ています。

 24時間テレビは毎回、「障害者を感動に使うな」みたいなつぶやきをしてる人が結構いますね。







 私の立場として、感動を私たちが一方的に求めてるのならおかしいかもしれないですが、当事者自身が、やりたいと思っているならそこまで不快とかそんな感じはないと思うんですけどね…。勇気をもらえる人もいると思いますし。

 それは、なんとなく、私たちがオリンピックを見て勇気をもらう、くらいな感覚なんじゃないかなとか思っていました。当事者じゃないのでわからないですが。








 
 身体的、精神的な、障害を持っている人に対して潜在的に「弱いもの」という見方でがあるのでしょうか?自分にあるものが人にはない、ということで優越感に浸る人は多いと思います。あるいは、自分にないものが人にはある、という劣等感を持つ人もいます。障害あるなしに関わらずですね。

 この辺はアドラー心理学的には、自ら幸せになろうとしてないからだみたいな厳しい言葉が飛んできそうです(笑)








 
 最近は変わりつつありますが、現にリハビリ・医療のあり方は、いわゆる「異常」を「正常」に近づける、という感じですよね。

 異常から正常に「変えてあげる」のが、医療で働くものの理想、というようなスタンスがまだまだ根強いんじゃないでしょうか。

 だから「治して」っていわれますよね。主体性はないですね。




 


 パターナリズムから、患者主体のインフォームドコンセントやCL中心、NBMなどなど、方向転換してきていますね。

 いい流れ、なんでしょうか?

 勘違いしちゃいけないのは、患者主体の医療というのは、患者にとって自分で責任を持たなければいけないということなので、結構大変なことな気がします。

 治してくれ、が通用しなくなるんじゃないかとも思います。色々説明はするし、提供もします。でも最終的に責任はお互いにある。








 
 最近は患者さん、じゃなくて患者様、利用者さんじゃなくて利用者様、そういう風にいうことが多いですね。

 私たちは、いったいどんな立場で、どんな関係性をクライアントと築けばいいんでしょうか?










 介護保険は民間の参入によって、競争をさせて、発展をさせたいという国の思惑があったような気がします。とてもサービス職が強いような気がします。

 私は病院をやめたときは、患者さんにエラそうにしてたりするスタッフなどに結構疑問を持つことが多かったです。

 訪問に来てからは、あまりのサービス職の強さに疑問を覚えるときもあります。

 結構「様」づけで呼んでいる施設とか、事業所もありますよね。

 …まあそれはそれでいいとは思うんですが、なんかちょっと違和感があります。










 私たちセラピストの技術は、サービスや接客みたいなところは、あくまで、予備知識であって、核になる部分ではないですよね。

 まあ、最低限のマナーを守れないセラピストが多いから、というのもあると思いますが…。 

 公的な費用を使っているというもとにセラピストも会社もそして何より、クライアントも意識していかないといけない部分は多いと思います。 









 北欧では、税金が高いぶん、公的な費用を使っているという認識が高いというような話を聞いたことがあります。

 必要なものを必要なだけ。

 必要なものを必要なだけ、をモットーにあげてた人を見たことがあります。依頼が来たらとにかく提供するという、なんか言葉のはき違えのようなことをしていました。

 本当に必要?









 福祉用具が自費負担になるなんて噂も出てますね。それは、やっぱり、必要な人に必要なだけ、が上手くいかなくなる。

 そこは、大事だと思います。






 
 ちなみに、私は、長期利用は、必要な人には、必要なことだと思っています。

 やはり、身体機能が落ちていく方の生活の役にたてることもありますし、長期利用でしか見えないこともあります。

 特に精神疾患の方は、長期利用でなじみのスタッフがいるというのも大事だと思っています。

 
 


 「お客様」としてではなく「パートナー」として

 しっかりリハビリの技術を提供させていただけるように、日々鍛錬させていただきます。










 ツイートしたことから色々考えをめぐらせどこかに吐き出したかったので、ブログに書かせていただきました。まとまりはまったくありません。どこに落としどころをつけていいのかも良くわかりません。

 吐き出すためだけに書きました。後から恥ずかしくなるやつかもしれません笑。





















 ではまた!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。