介護保険制度とリハビリ

ここでは、「介護保険制度とリハビリ」 に関する記事を紹介しています。
 ちょっとACQ-OPの記事をまとめようかと思ったんですが、時間がかかりそうなので、ちょっと寝かせておきます笑。





 まとまらないものを、徒然。日々思ったことをたまには、日記のような感じで書いていこうかと思います。私のツイートと一緒にどうぞ笑。







 自立した生活の解釈がセラピストよってまちまちなんだろうなぁ。そこが違うと結局リハビリ自体も他職種から変に捉えられてしまうような気がします。

  リハビリはできないをできるにする役割はあると思うんですが、今は一人でできないを一人でできるようにって考える人が多いんじゃなかろうか…。(参考、当社笑。)

 「介護保険法は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。」

 



 リハビリを介護保険下でどうとらえていいかわからなくなりつつあります。長期利用は悪みたいな感じになってますが、なんとなくずっと訪問リハビリさんに来てもらえれば安心、もなんとなくわかりますし、デイケアに行っててもらえば安心もなんとなく家族目線だとわかる気もしてきているからです。

 だってやることないし、介護保険はあんまり使わないでほしいけど、なんか「参加」してねなんて無理よね。

 こないだなんか、「一人で外出できるようになりたい」って希望を持ってたCLに対して、「無理でしょ」って先輩PTがバッサリ切り捨ててちょっとビビりました。まあ一人では無理にしても色々その希望から考えようよ。セラピストですら、こんな考えなのに、長期利用がどうのこうの、当事者以外が騒いで、なんかバカみたいって思ってしまった。

 所詮、長期利用が出来なくなったりした時に、困るのは介護保険を使って何とか生活できている、頑張ってる人たちだよなぁ。

 







 無理やり参加を促して、介護保険費削減なんて無理だよなぁ…。そもそも日本人の文化性に合わないのではとすら思い始めています。だって、自分だったら活動と参加とか言われても、今まで通り寝ていたい笑。





 介護保険下のリハビリなんか所詮食い物にされてるよなーとか色々考えちゃいます。なんかたまに会社での話がバカバカしく感じることがあります。














 私的には介護保険の中でリハビリをどう捉えていいか、正直わからなくなります。国の方向性としては長期利用は避けて、他のサービス、もしくは地域の資源につなげるということでしょうが…。 課題指向型のリハビリを好まないCLが多いのも事実だと思います。

 淡々と、リハビリを続けてしまっています。反省もしていますが、どうあがいても、なかなか打破できません。


 とりあえずもう少し頑張ります。


 仲間募集中です笑。






 では、また!グダグダでした笑。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する