リハビリテーションからヘルスプロモーションへ

ここでは、「リハビリテーションからヘルスプロモーションへ 」 に関する記事を紹介しています。
 お久しぶりです。過酷な気温の変化が体にこたえ風邪気味です。訪問辛い…。プライベートと仕事でも色々なことが重なりバタバタしております。

 タイトルは以前、吉川先生が何かの講演で話していた気がするんですが、いつだったか…さらに話した文脈も覚えていないという致命的状態笑。なんか印象には残ったんでしょうね。



 さて最近はだいぶ地域の会議などにも出させていただいております。

 話題に上がるのが介護予防や、特定高齢者の話ですがリハビリテーションという枠の中で考えるには少し狭いように感じます。



「リハビリテーションとは、身体的、精神的、かつまた社会的に最も適した機能水準の達成を可能とすることによって、各個人がみずからの人生を変革していくための手段を提供していくことをめざし、かつ時間を限定したプロセスである。」
リハビリの定義は色々ありますが、これは私が一番好きな国際障害者世界行動計画による定義です。



 そもそも、リハビリ=心身機能向上の認識が強い日本ではこんな定義あっても意味がないもののような気すらしてしまいますが…。

すみません脱線しました笑。

 ただこのリハビリテーションの枠組じゃどういうマインドで介護予防などに取り組むかという部分や、地域で働くかということを考えたときにかなり不十分なような気がします。だって生活出来てるんだから変革は必要ないですし。





で、ヘルスプロモーションへ。

ヘルスプロモーションは1986年に採択されたオタワ憲章に出てくるものです。

健康づくりと訳されたりするんですね、さっき知りました笑。


定義は「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」です。


 つまり自分から健康になっていけるような過程ということだと思います。ここでの健康は障害があるとかないとかでなく、身体的・精神的・社会的に良好な状態のことです。

 
 ちなみにオタワ憲章では健康の前提条件として

 ・平和 ・住居 ・教育 ・食糧 ・収入 ・安定した環境 ・持続可能な資源 ・社会的公正と公平

 基本条件として

 ・推奨する: 健康の利点を明らかにすることで、健康的な環境の創造を推進する
 ・可能にする: 健康のための機会や資源を確保することで、健康面での潜在能力を引き出せるようにする
 ・調停する: 健康の追求において利害関係の対立する立場を仲立ちし、健康づくりにむけた妥協点を模索する

 が挙げられているようです。

 作業療法の視点にも出てくるような言葉が色々出てきていますね、というより、作業療法の視点でもヘルスプロモーションと作業療法について述べられているページがあったような気がします。可能化という言葉がだぶるとか、健康はあくまで日常の資源だとか。

 作業療法は作業参加することによって健康やwell-beingを促進するものですから、関与できるところは多そうです。

 リハビリテーションという視点だと、地域にどのような視点で関わるか難しいことも、ヘルスプロモーションの視点だと、結構関わることができるんじゃないかと思います。




 私もあんまり資料が手元になかったので、とりあえず協会のマニュアルと、何か本でも買おうかと思います。

 しっかり調べねば。






 ていうか、調べたいことだらけで、収集がつかなくなりつつあるのでちゃんと優先順位をつけないと…。



 ではまた!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する