倫理について~何が正しいのか~

ここでは、「倫理について~何が正しいのか~」 に関する記事を紹介しています。
 年末の空気感が出てまいりましたが、もう私は休憩モードです笑。うちの事業所でも風邪が流行っていますので、せめて精神状態は健全なままでいたい、といった感じです。

 と、言いつつ嫁と喧嘩しました。というより、まあ妊娠中なので不安定なのでしょう。というわけで部屋に避難しております。




 今日は、ご飯を食べながら、好きか嫌いか言う時間という番組を見ていました。安楽死について、話し合うみたいな感じの場面がありました。

 好きか嫌い、というよりはまあ賛成か反対か、なんでしょうけど。ていうか好きか嫌いかで話してたから、微妙な空気になってたような気がしますが…。

 そういった解決しないような問題ってたくさんありますよね。

 この間も、経営者から利用者を増やせと言われているが、しっかりと支援しているという実感がないのに利用者は増やせない。利用者が卒業していくのは喜ばしいことなはずなのに、素直に喜べない自分が嫌です。みたいな話を忘年会の二次会でしている方がいました。

 しかし、一方で、今はつぶれる事業所もたくさんありますし、つぶれることによって適切な支援が受けられなくなる利用者もいるかもしれないですし、何より社員が路頭に迷います。つぶれないにしても給料は上げにくくなりますよね。

 なんかOTとして働いた際に、こういったジレンマをたくさん抱えているような気が最近しています。





 

 倫理とは

 人間生活の秩序つまり人倫の中で踏み行うべき規範の筋道(の立て方)



  医療の倫理ジレンマとは、

 
 医療の現場でしばしば用いられる用語で、ある医療行為の倫理的妥当性あるいは倫理的根拠を論じる際、拠り所とする倫理原則によって、全く異なる結論が導かれてしまう状態を指す。






 無関心な家族に、どこまで介入するのか。
 
 仕事としていったいどこまで、CLと関わるのか。

 勉強をしないセラピストに対して、業務時間外の勉強を強要するか。






 

 ツイッターを見ていて、他にもたくさんのジレンマを見かけるような気がします。

 今日なんかは、死刑の賛成、反対とか。







 


 事業所内でも、色んなジレンマがあると思うので、事例検討をやったり、ディスカッションをすることが大事だなーと思いました。

 どんな考えを持っている人なのか、どんなバックグラウンドがある人なのか。それを理解するだけでも、衝突は少なくなるかもしれないですね。

 感情だけで突っ走るのは危険です。

 


 柔軟に、いられたら私のメンタルももう少し落ち着くような。




 ので、あんまりこだわりすぎない、白黒つけない、ゆるくいきたいですねー。




 

 作業的公正ともとてもつながる部分ですよね。OSセミナーでタウンゼント先生もOTに人権教育が足りないみたいなこといってたなー。







 公正とは何か、はて。





 最近吉川先生とかが書いてる倫理テキストみたいなのを読んでてちょっと思いました。来年はジレンマに対する、ディスカッションとかできたらいいなー。最初に書いた二次会の忘年会で愚痴ってた人とかと。





 ではまた!





 

医療・保健専門職の倫理テキスト―悩める医療スタッフと学生のための事例集

新品価格
¥2,484から
(2016/12/20 00:17時点)




作業療法の視点 続 作業を通しての健康と公正

新品価格
¥4,104から
(2016/12/20 00:20時点)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する