上肢機能と作業療法

ここでは、「上肢機能と作業療法」 に関する記事を紹介しています。
 いやー寒くて、意欲が沸きません、まずい、やらなければならないことがあるのに…。書き物や資料作りがすすみません。意志が弱いのか。

 皆さんは、仕事終わりにどれぐらい勉強や、まあ、その他にも作業療法関係のことをされるんでしょうか?私はあくまで、仕事という作業にならないようにグダグダやりたいほうなので意志が弱いのかもしれません。

 でも、休日の講習会や、勉強などを仕事だからと思ってやってたら身が持たないですし、作業バランス崩れますよね…。

 だから、なるべく興味がある勉強会に出るようにしていますし、パソコンいじるのが大好きなんでこんな感じでブログ初めて見たり、音楽聞きながらゆっくりやるようにしています。

 興味があるものが、いわゆる「作業系」なのでかなり出る勉強会も偏っていると思います。

 しかし、今週は久しぶりにどちらかといえば「機能系」になるような勉強会に行ってきます。

ずいぶん久しぶりにgeneさん主催の勉強会で、「学習理論を基盤とした積極的上肢訓練-課題指向型訓練とTransfer package-~東京会場~」です。

 昔(といっても、まあ4年前くらいか…。)、吉尾先生の脳画像の研修を受けて、まったく理解できず、挫折して以来です笑。

 「機能VS作業」「生活モデルVS医学モデル」みたいな感じになってるみたいな話を聞きますけど、私はまだまだふらふらしている段階なので、何が何だかわかりません笑。
 



 

 上肢の話でたまに話題に出るのが、ライリーの有名な

"Man, through the use of his hands, as they are energized by mind and will, can influence the state of his own health."

 「人間は、精神と意志によって活力を与えられた両手の使用を通して、自分自身の健康状態に影響を及ぼすことができる」

 という仮説です。

 まあ、これは上肢の機能アップを目指せとかそういうことではありません。この訳は山田先生のもので、吉川先生は、

 「人はその気になって、考えてやってみれば、もっと健康な自分になれる」

 吉川先生は通訳もそうですけど、なんとなくなじみのある言葉に直してくださるのでわかりやすいです。Google先生(笑)は、
 
 「人間は、自分の手を使って、心と意志によって活力を与えられ、自分の健康状態に影響を与えることができます」

 だそうです。


 しかし、障害がある、なしとかではない「健康」な状態にあれば、確かに身体機能も高まってくる、ということを経験することも多いような気がします。退院時より、家に帰って生活してからの方が上肢が動くようになったとか。

 最近は作業療法の理論を学ぶことが多かったですが、身体機能ももっとしっかりみたいなという気も出てきています。







 病院勤務のときは、作業療法の理論も大して知らなければ心身機能も大して見られていませんでした。

 学校で勉強してきたことと現場は違う!とかいう話をく聞きますが、私は、何もわからなかったんですねー。

 とりあえず、同期につれていかれ、肩・手の触診解剖や、さっきの脳画像やPNFとか行きましたけど、正直なんか何のために何してるのかわからなかったなぁ…。小さなもやもやはすっきりしても、なんか大きなもやもやはそのままだったような気がします。

 あとは、やっぱりゴッドハンド的な存在は必ずいて、実演を何人かみせてもらったりして…なんかほとんど変わってないのにみんな「うん…変わった」的な空気を出して、ロッカーとかで「やっぱりかわってなかったよねー」みたいな感じになったりしてて、なんか疑問を抱いていました。あ、なんか悪口みたい…汗。

 最近ツイッターでたまに見かける目的を見失った、手段、だったのかもしれません。



 
 上肢はMOHO、OTIPMなら運動技能として必ずリンクしてきますし、カナダモデルでもスピリチュアルの身体の部分に入ってくるでしょう。
 COPMスターティングガイドでは障害中心主義として載っていたCI療法も、実践ガイドのまえがきにはCI療法などのエビデンスから、作業を通しての介入は、身体機能の治療になると紹介しています。

 今だったら、身体機能にしっかり踏み込んでも、ぶれない気がします。

 ベテランの先生から言われた、「作業を通して、身体機能をみればいい」が去年は印象的でした。心の片隅にそういう意識を持って…。

 食わず嫌いせず少しずつ。


 

 眠い…。ではまた!

疾患別 作業療法における上肢機能アプローチ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する