なぜ観察するのか?~観察は必要?不要?~

ここでは、「なぜ観察するのか?~観察は必要?不要?~」 に関する記事を紹介しています。
 お久しぶりです。研修会に結構行っておりました。

 協会主催の研修会にはあんまり出たことがなかったんですが、認定を目指してみようかなーという思いがちょっとずつ出てきたので、参加してきました。

 何を目指していいかわからないというのが正直なところです。皆さんは作業療法士としての目標がありますでしょうか?

 私はありません…汗。目標を探すという作業を頑張ります…。




 さて、ESIの認定評価者になって、少し経ちますが、伝達講習を済ませていません。

 AMPSのときの伝達では、「観察して、で、どうするんですか」「必要なんですか」等の質問を結構されました。

 このブログにも「AMPS 認定評価 必要」や「AMPS 講習会 必要?」などのワードでたどりついてくださる人がいるようです。

 (一日4、5人くらいしかサイトの訪問がないから適当に書いて大丈夫だなー(爆)とか思っていたら、スマホサイトのほうにアクセス解析をつけ忘れていたようで…案外見てくださっているんですね、恐縮です…。)



 観察の必要性について思うところがあり調べていたので、ちょっとだけここにまとめてからパワーポイントを作り始めようかと思います。


☆作業療法士としての技能☆

 作業遂行能力、作業参加、作業満足度を上げる方略として…

①心身機能向上
②心理的状態を向上
③作業遂行技能の向上新たな習得
④作業方法や、する作業を変える
⑤環境調整

 観察をすることによって3~5までの介入に対して、評価ができるようになると思います。

 というより、実際に見るか、最低でも、本人か誰かにどうやっているかなどを聞かないと、介入の使用がないような気がします。

 それなんで、とにかくやってみることが大事ということですかね。
 

☆やってみなきゃわからない?☆


 慣れているIADL課題においては、技能が加齢による機能低下を代償し、必ずしも日常生活能力に影響を及ぼさないことも示された。(APDL課題の慣れの有無における遂行能力差と年齢の影響、齋藤ら、2001)


 必ずしも機能が落ちているから、作業ができない、ということは必ずしも当てはまりません。

 この人自転車乗れるんかい!とか、この人こんな難しいことできるんかい!っていうのはたまにありますよね。

 想像しているよりできた、想像していたよりできないとか色々あると思いますがひとまずは…。


 「百聞は一見にしかず」


 といったところでしょうか。

 でも、実際のところ、見たことをどのように評価していいかわからない、ということがあると思います。

 私は学校では習わなかったので、観察評価なんて気にすることはありませんでした。


☆何を観察するかわからない☆ 
 
 観察技術を補うためには,知識を増やすこと,観察事項を意識することと指摘している.したがって,効率的,効果的に観察や分析を行うためには,クライエントが抱える医学的背景を理解し,作業遂行技能の特徴を知識や観察視点として持っていることが必要である.(田川義勝:面接法・観察法.岩崎テル子,小川恵子,小林夏子,福田恵美子,松房利憲・編,作業療法評価学(標準作業療法学専門分野),第2 版,医学書院,東京,2011,pp. 46-61.)

 AMPSは観察事項を意識することで、効率的、効果的に観察や分析を行うためのものです。

 AMPSの講習を受けてからは、以前よりは、動作を見て、どこを見ていいかわからないよーということは減ったように思います。

 AMPSで言えるのは、作業遂行のどこに修正の余地があるのかということはわかりやすくなります。
 
 ちなみに、数値も出せますが、ちょうど料理がしたい‐とか、掃除したい‐とか、着替えが、とAMPSにある課題をやる必要があるときは数値を出しますが、そうでないときは出しませんし、出す必要がないとも思います。

 ROMは必要があるときは測るけど、そうでないときは測らないのと同じ感じでしょうか。

 あくまで、AMPSの視点でみる、ことはできるので、認定評価者にならなくても、まずは本を読んだりして、自分なりにどんな視点があるか確認してみても良いかもしれません!







 昨日は全く別の研修会でしたが、観察についてなるほど、と思ったことがあります。

 「知識→注意を向ける→観察可能→判断可能→対応可能」

 ということです。知識がないと注意が向かないですし、観察が難しくなります。知識が抜けると…

 「判断可能→対応可能」

 しか残らないと講師の先生が言っていました。しかし、それは不毛なことです。極端に言えば。

 「あの人は料理はできない→あきらめてもらおう」
 
 ということです。知識があれば、あの人は料理のどの部分とどの部分ができないから、ここは自助具を使って、ここだけ介助してもらって…。など、多様性にあふれた対応ができるようになります。

 どこができて、どこができないのかを適切に把握するためにも、観察評価は有益ではないでしょうか。

 観察評価は有益であって何もAMPSだけが観察評価ではありません。

 ただ最後にもう一度!


 あくまで、AMPSの視点でみる、ことはできるので、認定評価者にならなくても、まずは本を読んだりして、自分なりにどんな視点があるか確認してみても良いかもしれません!


 ではまた!

 

 
 
 

作業療法がわかるCOPM・AMPSスターティングガイド (For occupational therapists)




作業療法がわかる COPM・AMPS実践ガイド


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する