最近のちょっとした危機感~長期利用より前に…。~

ここでは、「最近のちょっとした危機感~長期利用より前に…。~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あったかいんだか、寒いんだかわからなくなってきました。まだ、ビールよりは、焼酎お湯割り、日本酒常温くらいがおいしい気がします。昔は、いつでも、キンキンに冷えたビールばっかりだったのですが変わるものです…。


 今日はちょっと愚痴みたいな感じになってしまうかもしれないのですが、前もちょっとだけ書いたりしていた長期利用についてです。なんかだんだん記事が増えてきていつ書いたのか忘れつつある(白目)

 


 ことの発端…というか、色々と疑問を持ったのはこのツイートの事件(?)です。

 


 この時期、異同や転職が多いと思います。その際、自分のせいなはずなのに、介護保険の更新で…とか嘘をついて、CLの意志をあまり確認もせず、無理やり終了にして通所に行くことをゴリ押ししていたので、私も久しぶりにだいぶ強めに「辞めるのは会社や自分の都合だから、介護保険でとか、濁そうとするのでなく、辞めることを伝えて、利用者さんと今後どうするのかを話合わないとダメだとおもいます」と言いました。




 私も、色々悩みはありますが…利用者さんの権利を奪ってしまいそうな対応は非常に経験だと感じました。それより前に、あまりに誠実さの無い対応だと思いますが…。

 今回は利用者さんの権利が気になりましたが、同時に義務についてもやはり考えていかなきゃいけませんね。


介護保険 権利 義務


  

 他にもちょっと難病の方の対応で気になったことがありました。PTの紹介でOTに来てほしいというまあ、珍しいケース(?)でした。

 しかし、よくよく聞いてみると、「あの人に長期的にかかわっているが、何が役にたっているかわからないので、私はいずれ抜けたいので、OTに継続して入ってほしい」とポロっと。

 また、その方に介入している他のPTが「揉むしかないってところはあるんですけど楽しく話してますし、信頼関係はできてるんですよ」みたいなことを言っていました。それは、信頼関係なのか。本当は見なければいけない部分を見ていないんじゃないか。

 確かに、珍しい病気で、運度療法はほとんど提供できません。しかし、その方と初めてお会いして、面接をさせていただいた際に、生活を見れば一緒に解決して行くべき点はかなり多くあると感じました。

 その時にふと思ったのですが、セラピストの技術や態度が適切でないのに、長期利用のことばかりに焦点を当ててしまっていたらそれほど危険なことはないなぁと感じました。私も全然できていないので偉そうなことは言えないのですが…。

 

 本当にその方に支援はいらないのか、自分の技術・態度はどうなのか。長期利用を考える前に、もっとしっかり考えなければいけないことがあるかもしれないですね。









 ちょっと愚痴多めでした。すみません。

 ではまた!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。