クライエント中心の誤解

ここでは、「クライエント中心の誤解」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ちょっとずつ、あったかくなってきました。年度末も近づき、だいぶ人の出入りが多く落ち着かない漢字でしょうか。

 私も、訪問に入ってからの三年間は作業の理論を勉強することが多かったのですが、もう少し疾患別の勉強をしたいと思っています。今まではちょいちょいつまんできてしまったので、これができます、と自信を持って言えるものがない…。

 将来的には身体領域、精神領域どちらでもいいのですがもう少しどちらかに特化してやってみたいと思っているんですが、どちらが向いているのか…どちらかといったら今は精神領域に魅力を感じています。

 さて、なにから始めようか…。






 最近クライエント中心をツイッターで良くみかけるのですが、どんなところに誤解されやすいかなーということを考えていました。

 そうしたら、やはり吉川先生がわかりやすく書いていました。いつもお世話になっています、COPM・AMPS実践ガイドですね。

 最近なんか読んだことがあるものでも思い出せなくなってきているんですが、皆さんはどうやって覚えているんでしょうか?

 まあそれはさておき、誤解されやすいものと、本当のクライエント中心を比較しております。



 クライエント中心の正誤

 

 最近は客観的にとらえるだけでなく、主観的にとらえることが大事になってきているので、クライエントの意見も大切ではありますが、TH・CLともに責任を持って取り組むことが大事ですね。

 最近はこのあたりをもう少し深めたいと思い、ロジャーズに関する本を読んだりしています。クライエント中心の作業療法の基盤がどこにあるかを知るにはロジャーズのことを知るとさらに深められるのではないかと感じています。

 誤ったクライエント中心にならないようにすることは、結構難しいなとこの表を見て思います。

 




 誤ったクライエント中心にならないようにするにも、なんとなく条件があるんだろうなーというのが最近思っていることです。

 これはあくまで、カウンセリングのクライエント中心療法の要素ですが、

 ・セラピストの態度と技術
 ・セラピストの自己理解
 ・クライエントの価値や意義を認め尊重すること
 ・クライエントの能力への信頼 

 このあたりを理解しながら行わないと難しいんだろうなと思います。

 クライエントの価値とかじゃなく、TH側が周囲から機能向上を求められている空気を知らず知らずのうちに反映していしまっている、とか。クライエントが望んでいる、機能訓練を無理に止めて作業中心に持っていくっていうのもなんか違うなと思っているときもありますし。

 MOHOなどを使っても心身機能に焦点が当たってしまったというようなツイートがありましたけど、心身機能に焦点をあてることから離れるって難しいですよね…。

 カナダ実践プロセス枠組み(CPPF)には、クライエントやセラピスト自信がどんな社会的脈絡にいるかもはっきりさせる必要があります。自分がどんな環境にいてどんなことに価値を持っているのか、とかも知ったうえで行わないといけないですね。難しい。




 やっぱり文がまとまらないですねー笑。すみません。

 


 ちなみに、WFOTの声明文に作業療法はクライエント中心と、書かれていますが、やっぱりクライエント中心を行うことが難しいなぁと感じることがあるので、最近はこだわりすぎないときがあってもいいかなぁと思います。

 ロジャースも、クライエント中心が難しいこともあったり、全てではないといっています。

 どんな形で作業療法が展開できるのか、いろいろ考えてみたいと思います。

 次は久しぶりにMOHOとかの復習にしたいなぁ…。

 以上、イッテQの録画を見ながら書いてました!
 
 ではまた!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。