子育てと作業的存在について~doingから~

ここでは、「子育てと作業的存在について~doingから~」 に関する記事を紹介しています。
 お久しぶりです。子供が産まれたり、嫁が退院して来たり、土日は嫁の母親が来たりと、なかなか自分の時間が取れませんでした。

 ちょうど嫁の両親も帰りひと段落しています。子供も案外優秀でそこまで夜泣きしないので、今はちょっとのんびりの見直しながらブログを打っております。
 
 久しぶりに、飲みながら書かせていただきます。



 さて、いきなりですが私の作業バランスは一気にかわりつつあります。認知作業療法の研修にも行きたかったですし、金曜日は記憶がなくなるまで飲むのが基本でしたが、娘を風呂に入れてみたり、オムツ交換をしてみたりパパとしての役割をまっとうして(笑)おり、趣味人としての役割は隠れつつあります。

 

 Wilcockは「行うこと(doing)存在すること(being)なること(becoming)」という講演を行いました。 これかな?

 今までは人は存在からすることが決まっていました、父親だったらこれをする、母親だったらこれをする。beingからのdoingだったんだと思います。

 しかし、作業療法では作業をすることによって、どんな存在であるか、つまり何をするか(どんな作業をするかに)によってどんな存在であるか、どんな存在になっていくのか、そして、後に加えられた、どういう所属(belonging)であるかということにつながっていくかということを大事にします。



 それは人権にも関わります。一時期出回っていた、人権の漫画で高齢者だからマラソンを止められるというものがありました。
今までだったら、高齢者はといういわゆる「being」から、マラソンはすべきではないのではないか、というところにつながっていたわけです。
 
 作業の視点からこの例からみるとマラソンをする「doing」から趣味人としての存在「being」に変わっていくことが重要だということになります。



 70、80代の人の話を聞くと、父親としてのすべきことは、「仕事がすべてで、家で何もしないということ」という作業のように思います。
 
 企業戦士というような言葉からわかるように、仕事がメインでありました。

 今、私からわかるように家はみんなで守るものになってきています。共働きも増え、妻に任せきりというわけにもいきません。
文化や時代色んな物に左右されるなぁと感じています。周りの環境に影響されるのは、社会的にどんな存在あるか、といったところでしょうか。



 作業のレンズを通してみれば、それは作業的不公正ということかなーと思います。
先ほどの「行うこと(doing)存在すること(being)なること(becoming)」には作業的公正と、生態維持可能地域の開発(生態系を保つことのできる環境)が大事です。

 ちょっと今の日本には難しいかなぁなんてことはちょっと思います。

 しかし、私は娘のオムツ交換やお風呂を行うことで父親でもありますし、こうやって作業のことをブログで書いたり、仕事をすることによって作業療法士でありつづけます。そして、音楽を流したり、ギターを暇な時間に弾いたりすることによって、趣味人でもあり続けることができます。

 作業療法士の向き不向きを書いた際にもなんかもやもやしたことを文にした感じでした。

 今感じるのは、そんな考えすぎることはなくて、自分の「doing」がどんな存在「being」につながっているか、しっかり考えていれば、不安に思うこともないのかなとも思います。



 私が作業について、作業療法について考え、行動し続ければ私は作業療法士として存在できます。

 音楽を流して、娘にも聴かせてみたり、自分も聞いたり、演奏したりすることは、趣味人としての私を支えます。


 家庭を持つ、ということは不安ですが、娘を風呂に入れる、オムツを変える、という作業は私を家族に所属させ、親という役割を与えてくれます。「being」「becoming」そして、家庭に所属する「belonging」をささえてくれます。



 さて、私はどんな作業を通してどんな存在になっていくのでしょうか。

 こんなことを考えたのは、私たち夫婦も子守りがわからず必死になっていたときに、嫁の母親には家事ばかりで、あまり子供に触れる時間があまりありませんでした。

 しかし、先ほど、私が嫁に行って「お母さんにも孫の世話を積極的にしてもらおう」という提案をして、導入したところとても良い表情をされていました。きっとその作業を通して「母方の祖母」という存在が肯定されたのかもしれません。

 はて、どんな「作業をすること」が各々の存在を肯定をしてくれるのでしょうか。



 今日は作業って何だろうからでした。



うーん、パイナップルのストロングゼロがおいしい。明日はゆっくりします。

子育てのアドバイス、お願いします笑。

ではまた!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する