作業療法を「見える化」するには?

ここでは、「作業療法を「見える化」するには?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ブログはずいぶんと時間があいてしまいました…。ばたばたとした日々を過ごしております。

 怒涛の年度末を終え、新年度になったため、少し気持ちを引き締めていきたいと思います。


 そういえば、全国学会、採択いただきました。学会発表は、今までしたことがないのですがしてみたいという思いはありました。

 最初は県学会や臨床OT学会にしたいと思っていたのですが、家庭の関係でちょっと難しそうでして…汗。

 でも、家のことを理由に、そんなことを言いグダグダしているのも嫌だったので、思い切ってちょうどタイミングが良く、また、関東開催なので、思い切って全国学会から、応募してしまいました。

 ちょっとビビっていますが頑張ります。



 さて、今日は見える化について少し思うところがあったので書こうかと思います。


 

 MTDLPにもあるように作業療法の「見える化」がかなり、重要視されているように思います。私も今年の目標に挙げています。

 ツイッターでも、視点は違うんだけれども、結局は見た目は理学療法と同じになってしまうなど、そういった話が多いように巻維持ています。

 だからこそ、視点を見える化しておく、ということが大切なのかなと考えています。

 私たちが直接かかわれる時間は40分とかですが、直接関わる時間以外にも、情報提供や、様々な調整、環境設定などいろいろな役割を担うことが多いと思います。直接かかわる時間は40分徒手的に行っていたとしても、作業療法の視点を活かす機会もあるのではないかと思います。




 でも、どのように示していけばいいのか、これは難しいなぁと思います。

 

 

 
 MTDLPはいわゆるクライエントの意味のある作業などに焦点を当てて、マネジメントしていくツールだと思います。評価は、聞き取りシートとBI、FIM等のADL・IADLの評価でしょうか。

 しかし、使っていると、これは私の技術不足かもしれませんが、まず意味のある作業が聞き取れないということがあります。そして、聞き取れても数値化できない。これも時折歩きがしまう。

 今何をすればいいのかわからないという状態や、現状で満足だから特に何もない、ということも結構あると思います。

 そうすると、MTDLPやCOPMといった評価は一気に使いにくくなると思います。
 





  最近思うのですが、これは仕方がないことだと思うときがあります。むしろ一緒に探していく、自然な流れの中で色んな経験をして、自分らしくなっていくということを重視する必要があるなぁと感じています。

 CL中心というとCLが述べた作業に焦点を当てて、そこからスタートしなければいけないという考えが自分の中にあったような気がします。




 最近ロジャーズの生い立ちを読んだりしていたのですが、彼の家は厳格なキリスト教徒で「抑圧的」な環境で育ったようです。自分らしくいられなかったのでしょう。このことが、「非指示的」であったり、「無条件の肯定感」や「共感」を大事にしていた理由にも繋がるようです。

 自然な流れのなかで、周囲の共感を得て自分らしく生きられるようになること、を考えたときに、COPMやMTDLPなども人によってはとても使いやすいのですが、もっと自然な流れを評価して形にのこせればいいなーとなんとなく感じました。



 

 今、考えているのは、もう少しMOHOSTやCAODなど包括的な評価を使って自然な流れを数値かできないか、FIMなどはどうしてもあがらないときもあるので、質的な部分で伝える方法を模索していければなーと思います。

 あとは、今はCL中心の実践は課題指向型のような形になってしまっているので、もう少しCL中心を深めてみて自然な流れで行うことができないか模索したいなーという感じです。

 



 なんか、まとまりないですが、久しぶりなのでお許しください笑。

 今日はカール・ロジャーズ入門 自分が自分になるということを参考にしました!

 ブログ書いてる間に、オムツ交換とミルクをあげたりしておりました…笑。

 ではまた!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。