居場所を作るということ

ここでは、「居場所を作るということ」 に関する記事を紹介しています。
 お久しぶりです。暑さと子育てでかなりバテ気味となり、ブログももうしばらく書いておりませんでした。二か月くらい空いてしまいました汗。
 
 私は元気です…笑。お酒や音楽に頼りながら、何とか生きております。

 今回のブログは私は生きているぞぐらいの感じで書こうかと思います。いや、色々なことを言葉にして、ネット上にまき散らすというのは案外すっきりします笑。

 ブログを新しい場所に移して、心機一転しようかとも思いましたが、面倒だし、人のためになるようなしっかりとしたブログを書いているわけでもないので、とりあえずとどまろうと思った次第であります。基本は面倒なことは嫌いということをなんとなく忘れていました笑。







 最近は子供を風呂に入れたりすることがあるんですが、風呂から上がって裸の状態だとすぐ泣きますね…子供ながらにやはり丸腰は怖いのでしょう笑。

 なんとなくそれは大人になっても同じで…なんか、自分の身を守るものがほしくなったり、社会で生き残るためたくさん知識をつけようとしたり、なんとなくまあ自分を磨く努力をしていくわけです。

 私も、リハビリ職である以上はやはり日々知識をつけたり、勉強したりすることは大事だなぁとは思うのですがなんか、行き詰まり感みたいなものを感じていました。

 なんか、人より高いところに行くためにやってるのかとか、なんか自分は特別だと思いたいのかとか、いろいろ考えるとモチベーションが下がって…。



 で、なんとなく、日曜日にテレビをつけていたら、ザ・ノンフィクションという番組で、phaさんという方がやっている、シェアハウス「ギークハウス」の特集をやっていました。そのシェアハウスには社会にあまりなじめず、生きにくさを感じる人が集まってくるといった感じでした。

 働きたくないという思いから、定職には就かず、インターネットや、スマホ、SNSを駆使して、金銭を得たり、旅をしてみたり、仲間と面白いことをしてみたりと…はたから見ると汚い古いビルをかりて、ちょっと薄汚い人たちが色々やってるぐらいの感じなんですが、とても楽しそうに見えました。

 番組終了後は、ツイッター上にはぼちぼち批判がありました。仕事しろとか、気持ち悪いとかまあそんな感じでしょうか。私自身はかなり生きにくさを感じている人間なので、こういうシェアハウスが普通になれば救われる人がたくさんいるだろうなという感じぐらいの感想です。




 
 で、ギークハウスをやっているphaさんは京大出身でとても頭のよい方のようで本も書いているようだったので、なんとなく買ってみました。

 私はそもそも本があまり好きでなく(たぶん左利きだから言葉に弱い笑。)最近はリハビリ関係の本は読んでいたんですが、なんかこういうゆるい感じの本を買うのはずいぶん久しぶりだった気がします。リハビリ関係の本は読んでいたおかげか、前よりは早く読めたような気がします。学習の転移ですね。

 本自体は短編集のような感じです。全部読んでいくとなんとなく生きにくさを感じる理由がわかる気がしました。

 日本は専業主婦が普通だったから家事に求められる基準が高いんじゃないか、タイのように外で安いご飯が食べられて毎日外食でもいいじゃないかとか、日本ではひきこもりになる人はイギリスではヤングホームレスになる、それはイギリスでは成人したら独立するからで、日本は家族のつながりが強すぎる、とかでしょうか。

 なんか、当たり前に思ってることが当たり前じゃない文化とか、大人になったらこういう風に働いてと思っていたのがそうじゃない人たちもいる、というのがわかると面白いですね。




 でも、なんとなくこのあたりに、行き詰まり感を解消する、ヒントがあるような気がします。

 自分の両親や、親戚の介護のために自分のやりたいことがやれていない方。時折臨床でもお会いしますが、やっぱり家族がみなきゃとか、そんな感じを強く受けます。

 かくいう私も、情報収集でまず、ご家族様は…とか聞いちゃいますもんね。いや、まあやらなきゃいけないことではあるんですけどね。

 ただ、なんか、いろんなところで色んなものにしばられているんだなぁということを最近は感じます。しかも、そういうのって自分では気づかずに他人には強要しがちだなぁと…そうするとどんどん周囲を巻き込んで、周囲に巻き込まれて、生きづらくなっていくなぁと感じます。

 



 なんか重い笑。





 自分自身が生きづらいと感じる中で、生きづらいと感じている人を支援するというのもなかなか難しいと感じることがあります。

 もう少し力を抜いて自分らしく生活していこうと思います。人生死ぬまでの暇つぶし。と思えば、少し力が抜けそうです。皆がそんな感じで生活すればなんか良い社会になっていく気がします。

 力を抜いて、色々なものを受け入れられるようになれば、皆が生きやすくなってくるような…。



 あれ、何の話だろうか…汗。でも、どんな人でもここにいていいという場所があるというのは理想ですよね。どんな形でも。





 さて、来週は忙しくなりそうです!MTDLP関係や国際OTIPMシンポジウムにも参加してきます!

 たぶん一、二週に一回は更新すると思います!では、また!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する