作業を基盤とした実践は時間がかかる?かからない?

ここでは、「作業を基盤とした実践は時間がかかる?かからない?」 に関する記事を紹介しています。
 お久しぶりです。また一か月くらい間が空いてしまいました。年末に向けてバタバタしております。引っ越しの予定もあるのでもう死にそうです。
 今年の振り返りはまだ早そうなので、なんとなく思ったことをまとめておこうかと…。






 以前、回復期に勤務している後輩と飲んでいたときに

 「作業療法ってレクの準備とか道具の用意とか時間がかかりますし、担当はたくさん持たなきゃいけないですし、いいことないですよね」という話になりました。

 作業をしようとすると、道具をそろえたり(しかも道具を買う許可がおりなかったり)、調理とかだったら上司に許可を取らなければいけなかったり(これも許可が降りなかったり笑)。なんか、まるで悪いことをするのではないかといわれてるがごとく許可が降りない笑。

 そうすると自然とベッドで徒手的に何かをするというのは、ある意味環境を整える必要はないので、皆そのようにやるのは当然なんじゃないかなぁと思うことはだいぶあります。ただでさえ、スケジュールぎっしりだったりしますし。




 


 作業を基盤とした実践を推している人に「作業を基盤とした実践って時間かかりますよね?」と聞きました。
 
 すると「結果的には時間は省略できるから絶対に近道です」と言われました。なるほど。
 
 たぶん、クライエントが目標にたどり着くためには、近道なこともあるぞということなんだろうなぁなんてことを思いました。

 結局、一度は実際に作業をやってみなきゃできるかできないかすらわからないですしねぇ…。目標が達成できたかすらわからないですし。







 このようなやり取りは、一度ではなくて時折あります。たぶん私が、「OBPって時間かかりますよね?」という疑問をいろんな人にしてるからかもしれないですが笑。







 人の話ばっかりしててもお前はどう思ってるんだと言われそうなので…。

 私はOBP時間はかかるなぁと思います。結構面倒だなーとすら思っております…笑。

 だいたい医療だろうと介護だろうとどこも40分~60分ぐらいの中で、どこまでその枠の中でできるのかなーと考えてしまいます。

 事例報告とか見てても明らかにその枠内に入らないような取組してるなーと思うことも多いですし。

 仕事は仕事ですし、ビジネスはビジネスですし…。結局のところ持ち出しとなってしまうような取り組みは自分の首を絞めると、最近なんとなく感じます。








 教師だった母親が毎日次の日の授業の用意をコツコツやっていたことを思い出します。クラスごとに個別の内容を行う、違うことをする、となるとやっぱり色んなところで時間がかかるはある意味当然という気もします。

 多様な、人に合ったプログラムをしようとすると時間はかかるよなぁ…。いや、どうなんやろうか…。








 
 なんとなくそう考えたときに、もっと制度が変わってくるまではOBPなんていうのはまだまだ前に出てくることはないんだろうなぁなんてことを思ったり…。

 まずはできる範囲でやれることを、もう少し模索しようかと思います。








 でも、思い切ってやってみると色々見えますよね。今年は料理したり、釣りしたり、二郎行ったり…自分がしたことのない経験を一緒にできたことは、とてもよかったと感じています。

 

 





 引っ越し終わったらちゃんと勉強するためのブログに戻ります…汗。

 ではまた。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する